Amazon 自己発送のやり方・注文確定から出荷方法まで完全解説

自己発送 メール便 郵便

Amazonに出品をして、FBA倉庫を利用しない場合は自分で商品を出荷する必要があります。いわゆる自社発送・自己発送などと言われているやり方ですね。FBA倉庫に送る場合とは違いお客様に直接送るので注意が必要です。

今回は実際に注文が入った際にどのように対応したらいいのか、発送まではどのようにやるのかを解説します。それでは、ご覧ください。

Amazon自己配送のやり方

まずはAmazonで物を売る際の基本的な流れを確認してみましょう。

商品を仕入れる
商品を検品する
Amazonに商品登録する
売れたらAmazonより通知が来る
納品書を印刷して商品を梱包
お好きな配送方法で出荷
出荷を通知して完了

FBA倉庫に送る場合には、商品登録ののち一斉に倉庫に送るだけでOKです。ですが、自己発送で商品登録した場合は、通知が来て納品書を印刷して発送するところまでやらないといけません。

商品登録のやり方がわからない方は、参考の記事を読んで登録から始めましょう。商品登録をしないとまず売れることはありません。

注文の確認と通知の察知方法

まずは注文が入ると必ず通知が来ます。セラーに登録されているメールアドレスに入ってきます。

Amazon 自己発送

このようにメールが来ますので、メールチェックをしている場合には見逃すことは少なくなります。ただAmazonからのメールなど多数来ますので全く見ていないという方もいるでしょう。余計なメールは全て受け取らないことも出来ますので、確認しておくことをオススメします。重要なお知らせなども来ますので・・・。

セラーセントラル右上の「設定」⇒「通知設定」

Amazon 自己発送

こちらから、メールアドレスや受取設定などが可能です。どうしてもメールだと忘れてしまう・・という場合は「セラーアプリ」をダウンロードしておきましょう。セラーセントラルのアプリ版となりますので、自己発送の注文が入ればプッシュ通知などでお知らせをしてくれます。

実際の自己発送流れ

まずはセラーセントラルにログインします。すると一番わかり易い場所に発送すべき注文数などが表示されています。

Amazon 自己発送

この場合は、13件が「未出荷」となっておりますので、ここを押して注文を確認します。また「保留中」にも5件ほど入っていますが、ここは支払い待ちの注文ですので確定するまでは出荷する必要はありません。

Amazon 自己発送 やり方

注文が複数あると、赤枠のチェックで一括選択をすることが可能です。納品書の印刷も出荷の通知も一括でやることが出来ますね。では今回は1件だけやってみますので、右側の「納品書を印刷」ボタンを押しましょう。

Amazon 納品書

このように納品書が表示されますので、印刷をしましょう。Amazonの規約上商品を発送する際にこの納品書がないといけません。忘れずに同梱しましょう。もしお客様に届いて納品書がないと通報が相次ぐと最悪の場合アカウント停止も考えられますので、注意が必要です。

もし1日に何十件も注文が入る場合は、ランニングコストも考えプリンターを用意する必要がありますね。僕個人的におすすめの個人事業主向けプリンターも別記事で解説しております。

この印刷が終わったら、後は商品と納品書を一緒に梱包して終わりです。因みに納品書は点線の部分で切って、下の部分は納品書として中に入れて、上のお客様住所の部分を封筒などに貼ることも可能です。手書きをするくらいだったら切って貼ったほうが楽に作業が進みます。

最後は忘れてはいけない「出荷通知」を出して全て完了となります。

Amazon 自己発送 やり方

先程の注文一覧画面の「出荷通知を送信」ボタンを押します。

Amazon 自己発送 やり方

ここでは、

出荷日(基本送るときなのでそのままでOK)
発送方法(自分が送る方法を選択)
トラッキング番号(追跡があれば入れ無ければ空白)

確認が終われば送信ボタンを押すと完了で、未出荷の部分から数字が消えます。お疲れ様でした。

出荷遅延にご注意を

基本的にAmazonの出荷はカレンダー通りに行えば問題ありません。土日祝は勝手にお休みとなっています。

例えば、土曜日に注文確定した注文に関しては月曜日に発送を行えばAmazonの規約上問題はなくペナルティを受けることはありません。ただし新商品などトレンド商品を扱う際には土日を考えず可能な限り早く送る方がクレームの可能性も低くなります。

出荷通知を忘れるとどうなるか?

押し忘れるとAmazonに「出荷遅延」と判断されて、出品者パフォーマンスが下がっていきます。それによりカート取得に影響が出たり、最悪アカウントの停止にも関わってきます。

送ってないのに出荷通知を出すのはどうか?

これをやる人が多いからこそ、「追跡番号をAmazon自体も追跡している」というシステムが導入されています。ゆうパックなどで発送する場合、通知日と実際の発送日を偽るとそれもAmazonにて遅延と判断されてしまいます。

追跡が付かない普通郵便であれば特に気にすることはないでしょうが、今度はお客様からのクレームに繋がります。やはり出荷したその日に通知を出すことが一番ですね。

まとめ

以上の流れで自己配送は完了ですが、たまにしか送らない場合とメインとして自己発送でやっていく場合ではやり方や発送方法などが変わってきます。もしメインとして自己発送をやる場合には、

プリンターや封筒などの備品を整える
配送業者と契約をする
大量に送るシステムを作る

このように発送システムを整えることが一番重要なポイントとなります。

たまにしか送らない場合でも最低限のダンボールや封筒などは用意しておきましょう。そうでないと、毎回注文が入るたびに購入しなければならないということになりますので・・・備えあれば憂いなしですね^^

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

3 Responses to “Amazon 自己発送のやり方・注文確定から出荷方法まで完全解説”

  1. ゆう より:

    こんにちは。
    毎回クリックポストで送ってるのですが、
    納品書の上の部分は切り取らずにそのまま同梱して送ってもいいのでしょうか?

    切り取らなければいけないなら上の部分は取っておくほうがいいのか、もしくは捨ててしまうか、モゲをさんはどうしてますか?

    よろしくお願いします。

    • モげを より:

      ゆうさん

      こんにちは、Amazonの納品書は上の部分を切る必要はありませんよ^^
      僕も郵便局のゆうメールなどラベルで印刷して使用していますが、納品書の上は切らずにそのままにしています!

  2. ゆう より:

    切らなくていいんですね!毎回切ってました・・・。
    返答ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング