Amazon販売で出品代行を使うメリットはあるのか?評判と正しい考え方

検品 代行

仕入れるの良いけど出品が・・・となるのはネット販売していると誰しもが思うことです。それをどう効率良くやろうかと考えていると「外部に任せる」という提案や発想が出てきます。

かといって個人レベルや副業レベルでやっている場合に人を雇うのには気が引けるという方がほとんどでしょう。そんな悩みを解決してくれるであろう「出品代行」のサービスについてお話しをしてきます。

それでは、ご覧ください^^

出品代行サービスとは?

「あなたは仕入れるだけ!
全ておまかせで楽して稼げます!」

などと謳っている文章は目にしたことがあるかもしれません。確かに半分くらいは合っている部分もありますが、何をいくらでやってもらうのかを把握した上で使っていきましょう。まずはAmazon販売にて必要な項目を順に挙げていきます。

仕入れ
検品
商品登録
梱包
発送
価格改定
顧客対応

AmazonのFBA倉庫を利用していると、倉庫までの荷造りである梱包・発送は必要となりますが、購入者様への発送や返品のメッセージ・電話対応など基本的にはAmazonが請け負ってやってくれています。

FBAを利用するというのがまず一番の効率化であり他販路で販売する際にない魅力だと言えます。その部分を省くと、検品からFBA倉庫までの発送をどうするかということになります。この部分をやってくれるサービスが「出品代行」ということですね。

もちろんどのサービスを使っていても有料となりますので、その支払う額が自分の稼ぎと見合っているか?を考えて利用すべきだと思います。

出品代行のメリット

では実際にどんなサービスがあるのか、もちろん代行業者さんによってどこまでやってくれるかは変わってくるでしょうが、どの部分がどのように効率化されるのかメリットについてです。

検品

新品の場合は値札を剥がしてもらったり、中古であれば動作確認・写真撮影・クリーニングなどなどやるべき事は沢山ありますよね。この部分をやってもらえるというのはかなり大きい部分ではないでしょうか。

大体のサービスが1品100円くらいで写真撮影やその他は別途プラス料金などと設定しているところがほとんどです。それでも粗利金額が大きい中古商品などの検品や撮影を500円でやってもらえる・・となれば時間効率的に良いかと思います。

商品登録

同じくAmazonに出品する場合には1品ずつ登録が必須となります。もちろんFBA倉庫まで送る部分を代行してもらうわけですので、セラーの権限付与などを使い代行業者さんに同時にやってもらいます。もちろんこれも1品100円の内に入っていることがほとんどとなります。

FBA納品

最後に登録して検品が終了した商品をFBA倉庫までも納品してもらえます。結構な作業量が必要な商品ラベル貼りなど、ダンボールにどう積めるかなど考えることもなくなります。

これらは地味に時間がかかることでしょう。中古商品ばかり扱っていると20商品を全て撮影や梱包までやると2,3時間はかかってしまいますね。

出品代行のデメリット

ではここからは代行を使うことによって何が良くないのかについての解説となります。良い部分だけを見て判断するのではなくデメリットやリスクの面も把握しておきましょう。

出品に時間がかかる

基本的には自分で作業をしてFBA倉庫に送る場合は発送から通常2.3日もあれば受領され販売が開始されます。ですが、代行を使うことによって以下のような流れとなります。

業者さんの元へ発送
業者さんの検品日数
発送からFBA納品にかかる日数

と少なく見積もっても4.5日はロスとなりますよね。早く売りたい商品だけど・・と思っていても、中々に商品が出品されない可能性もありますので旬な商品などは自分で送る方がベストではあります。

有料サービス

お金を払って効率化というのはデメリットでもないのですが、自分のスキルが固まっていないまま出品代行を使うと危険ということです。楽だから・・という理由だけで考えなしに利用してしまうと全く利益が出ていないということになります。僕自身も実際に販売を始めた当初損をしていたと思います。

知識や経験が身につかない

検品や梱包といっても様々な商品を取り扱うと物によってやり方が全く変わってきます。特に中古メインでやっている場合など、どの商品がどのような状態だといくらで売れるなど状態によって値段も全然変わってきます。この辺を面倒くさいと全て適当にやっているとそのノウハウも貯まらずに損をしてしまいます。

これらの事から初心者であればあるほど、とりあえず全部自分でやってから利用するというのがベストでしょう。仕組みを理解していないとどれだけ料金を取られているかわからないですからね^^;これらの部分を踏まえて実際に度のラインから効率化すべきかを検証してみました。

実際に料金と利益ベースを計算

大きな組織の規模で考えるとややこしくなりますので、副業で10万円稼ぐせどらーさんを例として考えてみましょう。

副業で10万円稼ぐ!
1ヶ月仕入れ点数100商品
1商品の平均粗利1000円
仕入れ以外の作業週に1回25商品ずつ
仕入れ時間:40時間
出品作業時間:10時間

細かい税金の事や在庫として残っていることなど一切考えずにとりあえず10万円このようにして稼いでいるとします。この方の場合だと月に40時間仕入れに使い10万円を稼いでいるわけですので、時給2500円くらいの仕入れをしているといった考え方が出来ますね。

では実際に10時間「作業」という部分が仕入れになると25000円ほど利益を乗せれるのではないか?ということです。そこから逆算をして出品代行にお願いする料金を考えてみればすぐにわかります。

代行を使った結果
1ヶ月仕入れ点数125商品
1商品の平均粗利1000円
月に12万5000円の粗利
仕入れ時間:50時間
代行金額:?????

125商品を代行にお願いしたら1商品100円だとしても最低で12500円ほど料金がかかります。これがもし1商品の平均が200円だとすると25000円となり、代行を使っても全く利益が上がっていないということになります。

いかがでしょうか?
このように数字で考えるとわかりやすいと思いますが、時給2000円~3000円レベルの料金を取られているというのが現実です。ということは自分自身の稼ぎが時給3000円以下だろうと思えば自分でやった方が逆にお得ということになります。

おすすめ代行業者ってあるのか?

正直に言うと料金的にどの業者さんも高いなーといった印象です。ネットで募集しているところほど広告費などにお金使っているわけですから、1品何円という他にも月額料金であったり何かしら付随するサービスを有料でというパターンがほとんどです。

先ほども言った通りで代行業者さんは時給2000円~3000円レベルの料金を取って、その作業をアルバイト時給1000円でやってもらい利益を取るというシステムなわけです。時給1000円は言い過ぎかもしれませんがビジネスですからそれ以上料金を中々安く出来ないわけですね^^;

アルバイトさんを自分で雇った方が良心的な値段ですし、時給1000円出すなどで上手く指示書やマニュアルだけでも作成しているといくらでも募集は来るでしょう。外注扱いでやってもらうという作戦も十分に使えます。

結論とまとめ

以上のことから自分がお金を生み出す時給であったり、経営の方針を考える立場になった時に初めて外注化というのがベストでしょう。副業レベルで余程時給が高い場合や、どうしても雇用関係が出来ない環境(自宅に人呼べないなど)にいる場合は効率化の為、逆に利用すべきだと言えます^^

ただアルバイトさんでも雇用するということになりそれなりの責任やお給料支払の義務がありますからね。その辺のプレッシャーなど考えるといつでもやめることが出来る代行サービスも良いサービスだと言えます。何にせよとりあえずは自分で一通りやってみて、上手く利益が乗ってきたら外注化という感じでやっていくと良いでしょう^^

こんな良い業者があるよーなどあればコメントください。笑
ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ