郵便局留めの書き方と受取方法、通知が来ないので要注意!

郵便局 ポスト マーク

ネット販売で発送をしていると、必ずといっていいほど「局留めでお願いします」と言われることがあります。そういった注文に限って商品が戻ってきたり、ちゃんと受け取ってくれなかったりと購入者側もシステムを良くわかっていないことがあります。

ですので販売する立場として知っておくと、不要なトラブルを避けることが出来ますので是非把握しておきましょう。それでは、ご覧ください。

郵便局留めとは?

その名の通りですが、自宅には物を届けずに郵便局に留めてもらうという方法です。ネットで購入する際には、自宅の住所を知らせたくない場合やどうしても家で受け取れないこともあるでしょう。そんな時に役に立つ郵便局のサービスです。

最寄りの郵便局を指定して、荷物が届いたら自分が窓口に受け取りに行けばOKということですね。

局留めが可能なサービス
普通郵便定形 普通郵便定形外 書留、速達
ゆうパック ゆうメール ゆうパケット
レターパック(プラス、ライト) クリックポスト 国際郵便

よく使われるものから挙げましたが、ここに書かれていないほとんどのサービスで局留めを利用することが可能です。例外としてチルドゆうパック冷凍ゆうパックは局留めすることは一応可能みたいですが、保冷が備わっている郵便局でしか受け取りが出来ませんのであらかじめ連絡しておくとよいでしょう。

局留めのメリット

では実際に購入者側の立場として、どのような際にメリットがあるか見ていきましょう。

◯家にいなくても大丈夫

自宅で再配達をお願いしても良いのですが、郵便局では不在票が入りそれに自ら電話しないと持ってきてくれません。連絡をしなくて良いし、気軽に行ける距離に郵便局はあると思いますのでその分楽になります。

◯家族に知られることがない

誰にも知られたくないものを購入したり、家族にはサプライズでプレゼント・・などをする際に便利ですね。家に届くと誰があけるかわからない場合などこの局留めを利用すると良いでしょう。

◯ネット購入での情報漏えいを防ぐ

大手の通販サイトなどであれば問題はないですが、それでもやはりネットには不安という場合に局留めを利用します。ただし登録住所を局留めだけではなく、販売側にちゃんと局留めにしてということを伝えておくと更に良いでしょう。
実際にヤフオクなどで局留め住所を登録されている方も多いですが、販売者側も慣れていないとルールがわからず記載漏れなどの可能性もあります。

◯盗難を防止する

大きな荷物だと良いのですが、封筒やハガキなどであれば通常ポスト投函となります。もし自宅のポストが誰にでも見える・触れるような状態だと盗難の危険性がありますね。それを防ぐために利用ということも考えられます。

局留めのデメリット

全てが良いことではありません。実際にデメリットも存在しますので、そちらも把握しておきましょう。

◯荷物が届いたという通知が来ない

郵便局から荷物が届いたよーという通知が来ないのが難点です。通販で買い物をすると、出品側によって配送など日にちが決まっている場合があります。もう届いているだろうという余裕を持っていかないと、まだ届いてないという無駄足になってしまいます。

また追跡番号付きのゆうパックやレターパックなどであればネットの番号検索により、郵便局に到着しているかが判断可能です。

◯代理人や他配送業者の物は不可

自分宛ての郵便物が対象となりますので、自分で取りに行く必要がありますし、ヤマトや佐川の荷物を郵便局留めにすることは当然出来ません。委任状などがあれば、代理の人に取ってきてもらうことは可能ですがそれを準備するのも時間がかかってしまいます。

局留めの発送方法

局留めの発送では、特別な手続きなどは一切必要ありません。

郵便局の郵便番号
郵便局の住所
「◯◯郵便局留め」の記載
相手の氏名(必ず本名で)
電話番号

受取人が指定した郵便局の郵便番号・住所を記載します。その上で「◯◯郵便局留め」という記載は必ずしましょう。「留め」の文字がないと、郵便局への荷物と勘違いされてしまう可能性もあります。

また受取人の氏名ですが、本人確認がありますので必ず本名であることが必要です。電話番号は任意でとなりますが、郵便局から連絡してくれる場合もありますので記載しておくとよいでしょう。

局留めの受け取り方法

自分が受け取る場合には、指定した郵便局に取りに行く必要があります。
その際に準備するものが、

本人確認書類(運転免許証など)
印鑑(必要な場合も)

これらを用意して指定した郵便局の窓口に行き、身分証を出し局留めの事を伝えると探してきてくれます。
郵便局留めの期間は到着から10日間となります。それを過ぎてしまうと、差出人側に返送がされてしまいます。それだけは注意しておきましょう。

また受け取りに行く際に、追跡番号などがあれば同時に伝えるとスムーズに受け取ることが可能です。

まとめ

以上が局留めの使い方でした!

一応、全国的にはこのような決まりですが、郵便局や事務員の方によっては対応や用意するものが違う可能性もあります。もし受け取りとして局留めを利用するのであれば最寄りの郵便局に確認の電話をしておきましょう。そうすることによって勝手に返送されたり、ネット購入の際にこのようにしてくれと頼みやすくなりますね^^

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
amazon
mercari
nouhau
jyanru
haisou
sizai
自社サービス
mail
メールマガジン発行
稼ぐことをテーマに、 ブログで書けないことも配信
内容・ご登録はこちら
skype
Skype相談
直接モげを自身が通話します。 あらゆるお悩みを解決します。
サービス内容はこちら
sute100
せどり教材「モゲステーション」
参加者200名突破!! 一緒に勉強しませんか?
サービス内容はこちら
sedo
長期物販コンサルティング
せどり物販の稼ぎ方を直接指導。 1年間の長期コンサルティング。
サービス内容はこちら
web
長期WEBコンサルティング
情報発信での稼ぎ方を、直接指導。 1年間の長期コンサルティング。
希望はお問い合わせください。

2 Responses to “郵便局留めの書き方と受取方法、通知が来ないので要注意!”

  1. 匿名T より:

    自分も以前は良く使っていました。
    #そして「局留め」と明記されていたのにもかかわらず
    #普通に郵便局宛の荷物のほうにまぎれてしまって
    #探してもらうのに30分以上かかったことも・・・(苦笑

    ---
    郵便物の受け取りは、ゆうゆう窓口のある局の場合は
    すべての時間帯においてゆうゆう窓口側での対応になります。
    (不在持ち帰り郵便物の窓口受け取りと同じです)

    自分はゆうゆう窓口のない一般の窓口局に局留めをしたことがないので
    ゆうゆう窓口のない局留めにした場合の扱いは分かりません。
    (そもそも局留めに出来ない可能性も?)

    なお、一部ゆうゆう窓口を含めた全窓口業務が無い局がありますが
    該当する局には窓口が無いので、局留めが出来ない局になります。
    (新岩槻局や東京北部局が該当で、ゆうゆう窓口がないと明記されています)

    • モげを より:

      匿名Tさん

      郵便局もよく丁寧にやってくれますが、やはり人ですから無くすこともあるのでしょうね^^;
      ただ丁寧な分だけどの仕事に関しても若干遅めな気がします。笑

      窓口は色々あるのですね~僕自身出品者側として局留めがあるのですが、自分では取りに行くことがないので参考になります^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ