【特約】郵便局のゆうパックなどの契約方法と必要な個数と運賃

郵便 ポスト

ネットで販売を始めた際に気になることはやはり配送料です。Amazon倉庫に送る場合でも大量にダンボールを送る必要があります。またAmazonの自己発送・メルカリやヤフオク販売であれば直接お客様に送ることもありますね。

今回はそんな配送料に関しての「特約」についてお話をしていきます。ある程度個数があると、単発で郵便局に持っていったり、箱BOONなど使うよりも遥かに安く済みます。

契約方法から料金に関してもお話していきます。それでは、ご覧ください!

せどり物販の発送方法

まずは「せどり」を行う場合でもただ単に販売する場合でも、以下の発送方法をメインとして使います。

ダンボール発送(宅急便)

郵便局のゆうパック
Amazon専用のパートナーキャリア
ヤマト運輸のヤマト便
ファミマで送れる「箱BOON」

封筒発送

普通郵便定形・定形外(小さいもの)
ゆうメール・ゆうパケット
クロネコDM便・ネコポス

他にもありますが、いずれかの方法で発送しているかと思われます。大体いくらぐらいかかっているでしょうか?送る場所や住んでいる地域によってもバラつきはありますが、160cmのダンボールを送って約1000円前後が通常価格といったところでしょうか。もっと払っている人もいるでしょう。

まずAmazonせどりを始めたばかりであれば、パートナーキャリアやファミマの箱BOONを使い方が多いのではないでしょうか?その場合でも基本的に配送料は1箱1000円を超えてくるはずです。特にFBA倉庫へとなると大きな段ボールで送ることになるので当然そのくらいかかります。

そこで今回提案するのが、契約次第では1箱1000円以下になる郵便局のゆうパック特約です。ある程度個数は必要となりますが、契約を組むことが出来れば年間でも圧倒的な経費削減となります。

ゆうパックの特約方法と種類

今現在、僕自身も契約していて毎月送っている発送方法は以下のとおりです。

◯ゆうパック
170サイズ、30kgの段ボールまでは基本的に送れる有名な宅急便
◯ゆうパケット
厚さ3cm、本などが送れる追跡付きの発送方法
◯ゆうメール
厚さ2cm、本などが送れるが追跡もなく厚さにも厳しい

この3種類となります。本や薄いものを自己発送しない限り必要なのはゆうパックだと思いますので、ゆうパックの契約についてお話をしていきます。

まずは契約方法ですが、それぞれ管轄の郵便局がありますので、そちらに行って話をするか直接電話して営業の方に来てもらうかという方法となります。

そこではまず自分がネットショップをやっていること。契約したら年間でこのくらい送ると説明をすること。この2点が必要となります。

年間で送る最低個数は?

こちらは地域差があるようですね。ですが、基本的には年間で200個以上利用が最低ラインだと言われることが多いです。僕自身が最初に契約したときも「月に20個、年間で240個は送ります。」という風にお話しました。100個から・・という地域もあるようですが、個人的には200個以上で交渉するのがベストだと思います。

あくまで年間の概算なので、今の時点で達してなくても、

「まだ始めたばかりですが、今後事業として伸ばしていく予定ですので、年内には目標の200個以上は達成出来ます。」

このような言い回しで交渉してみるのも良いでしょう。更に必ず超えそうであれば、

「200個は絶対に行くので、安く組んで貰えないでしょうか?もし目標数いかなかったら今組んでもらっている値段との差額をお支払します。」

強気に交渉するのもまたアリだと思います。僕の場合は特に何も考えずに、200個は送ります~と軽く言ったのですが担当の方が優しかったのか、かなり安くなりました。

比べるべき資料を用意する?

交渉となると、やはり知り合いの資料を見せたり、ヤマトなど他配送業者の見積もりを見せてみるというのも1つの手だと思います。ですが、いきなりの交渉から出すとあまり印象はよくありません。

最初の交渉⇒見積もりが出る⇒納得行かなければ引き合いを出す

このような流れてで進めて行くと良いでしょう。
最初に営業の方が訪問して、その後1週間ほどで見積もり運賃表を持ってきます。そこで値段に納得がいけば更に契約の手続きなどを終わらせて2週間ほど契約開始となります。意外と開始に時間がかかりますので、契約しようと思っている場合は早めに動くのが良いでしょう。

実際の配送料とサイズ

料金の決め方ですが、距離によって値段が変わるのはどこの地域も同じです。
地図上の真ん中当りの愛知県を例にしてみましょう。

愛知県の契約例

同じ愛知県内・・・600円
関東圏・・・800円
関西圏・・・800円
東北・・・1000円
中国・・・1000円

このように同じサイズの商品を送る場合にもやはり近いほうが安いです。

問題はサイズごとの料金ですね。僕の場合はサイズ一律の値段で固定しています。FBA倉庫まで160サイズ段ボールを送っても600円くらいです。ただし、小さいもの60サイズなどをゆうパックで送る場合もFBA倉庫と同じ地域だと600円くらいかかってしまいます。これはどういう送り方が一番多いか?を営業の人と話し合って決めるのが良いでしょう。

FBA倉庫だけに送るとなれば小さいサイズなど特に関係ないですからね。

支払いと伝票のシステム

契約をしたら、ただ安くなるだけではなく「後納」となります。意味はそのままですが、料金は1ヶ月分の配送料を纏めて翌月の20日前後に口座引き落としとなります。ある程度経費や固定費を考えると後納は非常に有り難いシステムですね。

またゆうパックの伝票などは印字した状態で多数用意して貰えます

自分の宛名は当然のこと、FBA倉庫の送り先も印字してもらっておけば納品に何か書くことはほとんど無くなります。ですが言わないと持ってきてくれませんので、ちゃんと営業の方に伝えておきましょう。笑

ゆうメールやゆうパケットは?

補足として、こちらの2つをご紹介しますが、どちらも年間で500通ほどは最低ないと受けてもらえないという地域がほとんどです。ですが、今後使う予定があるということでしたらゆうパックとともに契約しておいても良いかなと思います。

因みにゆうメールであれば80円より安くなる人も多いですので普通の切手よりもお得に使うことが可能です。

こちらの2種は完全に本やCDなど小さくて薄いものを送るのに適しています。それ以外は大きすぎて入りませんね^^;それでも毎日定時に集荷にも来てくれるし、ゆうパックがあるときはそのまま一緒に持って帰って貰えるので助かっています。

まとめ

以上長々と書きましたがやることを纏めておきます。

管轄郵便局に電話する
営業の方が訪問し交渉
1週間前後でまた訪問して見積を確認
同意すれば本契約で開始まで2週間

特に難しいことはありませんので、実際にやってみると良いでしょう。もちろん郵便局だけでなく、他配送業者を選ぶ際もほとんど同じような流れで終わります。

多少契約完了まで時間はかかるものの、自分がやることは営業の方が来た時に話をするだけです。それで配送料が安くなるので、やらない手はないですね!

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
amazon
mercari
nouhau
jyanru
haisou
sizai
自社サービス
mail
メールマガジン発行
稼ぐことをテーマに、 ブログで書けないことも配信
内容・ご登録はこちら
skype
Skype相談
直接モげを自身が通話します。 あらゆるお悩みを解決します。
サービス内容はこちら
sute100
せどり教材「モゲステーション」
参加者200名突破!! 一緒に勉強しませんか?
サービス内容はこちら
sedo
長期物販コンサルティング
せどり物販の稼ぎ方を直接指導。 1年間の長期コンサルティング。
サービス内容はこちら
web
長期WEBコンサルティング
情報発信での稼ぎ方を、直接指導。 1年間の長期コンサルティング。
希望はお問い合わせください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ