【メルカリ活用術】手数料・出品・仕組み・購入方法・評判

merucari

誰でもスマホ一台で簡単に不用品処分・お小遣い稼ぎを!

今回はフリマアプリの「メルカリ」について、
解説をしていきます(^^)

ヤフオクは即決とオークション型がありますが、基本即決が多いので出品も購入も非常に便利です。

勿論一番の特徴は、スマホで完結が出来る事。
スマホアプリなので隙間時間に活用しましょう!!

それでは、ご覧ください(^^)

スポンサードリンク

はじめに

メルカリというのは、
個人の方が多く出品しているフリマアプリですね。

まずはこちらからダウンロードしましょう!

こちらから会員登録するわけですね。

※個人情報・電話番号等は正しい物を入力しましょう。

配送支払いにも利用されますし、
ラインと同じように電話番号で認証しています。

メルカリ登録時特典・方法

メルカリ招待コードはどこ? 入れ方・使い方と登録方法

詳しい登録の方法とちょっと得するポイントのお話は、
こちらの記事をご覧ください(^^)

登録時に300円分が無料で貰えます!

表示されるのは本名ではなく、

「サムネイル画像とニックネーム」

こちらは好きなもので設定しておきましょう。
僕はバカ正直に本名ではありません。笑

後はプロフィール説明欄ですね。

こちらに注意事項やある程度の挨拶は書いておきましょう。

ここが短いと取引する際に、
ちょっとした不信感などが生じてしまいますね(^-^;

メルカリのシステム

メルカリは登録さえすれば誰でも出品できますね(^^)
大まかな流れは以下の通りです。

メルカリ取引流れ

・出品者が価格・状態・写真を設定

・備考欄に商品詳細や発送・値下げに関して記載

・出品されたら即購入orコメント欄にて質問・交渉

・購入⇒決済完了後 出品者からの発送
(この時点ではまだ出品者には入金されない)

・商品到着後、出品者に到着連絡と評価をつける。
(受け取って問題がなければ迅速に)

・購入者から評価があった時点で、
出品者も評価を付けて初めて入金される。

・メルカリ内に売上が貯まっていき、
銀行振り込みで手元にお金が入る。
(営業日に注意、1万円以下だと振込み手数料210円)

システムも安心であるし、
変な物が送られて来たら評価する前にメルカリに連絡しましょう。

後は出品者の独自ルールなんかも決めてる方多いです。

「値下げ交渉なしで」

「ノークレーム・ノーリターンで」

「購入前にコメントをして」

ハウスルールみたいな物ですので、一応気にはしてみましょう(^-^;

それでは実際に出品をする際、購入する際のやり方と注意点を解説していきます。

メルカリに出品する

まずは販売する手数料ですが、一律で「販売金額の10%」がかかります。
それを出品する際も計算してくれますので実際に入る金額は教えてもらえます(^^)

では、まずメルカリを起動しましょう。

メルカリ 出品

右下の「出品する」を押しましょう。
すると、写真を撮る画面へと進みます。

_DLwgnYw8xAZaFS1455733313_1455733320

ここで出品する写真をその場で撮るか、
スマホのライブラリからも左下から選択が可能です。

メルカリ 出品

今回は冬場で使う機会がないこれを出してみます。

メルカリ 出品

入力項目

〇商品名
⇒分かりやすく型番なども入れると良い。

〇商品の説明
⇒商品の特徴や細かい状態、マイルールがあればシッカリ書く。

〇カテゴリー
⇒その商品に一番合った物を選択。

〇商品の状態
⇒新品なのか中古なのか。

これらをまず入力していきましょう。

メルカリ 出品

このような感じでOKでしょうね(^^)
続いて下の方へスクロールしていくと、

メルカリ 出品

入力項目

〇配送料の負担
⇒送料込みと着払い。込みの方が手間がなく売れやすい。

〇配送方法
⇒予定する配送の方法。

〇配送地域、日数
⇒自分の地域と出すまでの日数を入力

〇販売価格
⇒売る値段

メルカリ 出品

最後に出品するを押すと無事出品されます。
ホーム画面に戻り「出品した商品」を見ると一覧で見れるようになってます。

※公開停止、商品の編集はこちらからできます。
売れたら困る場合はまず高値にしておくと良いかと思います。

以上で簡単に出品が可能です(^^)

購入者の負担と購入方法

次は購入に関してですがこちらは簡単です。

「欲しい商品があれば購入を押す」

※人によっては即購入を嫌がる出品者さんもいます。
商品説明欄、その方のプロフィールを確認して買いましょう(^^)

購入者の支払い方法は以下の通り。

支払方法
  • コンビニ
  • ATM
  • キャリア決済
  • クレジットカード
  • 売上から
  • ポイント

コンビニ・ATM・キャリア決済の場合、
手数料が100円取られます。

よく利用する場合は、クレジットカードを登録しておきましょう(^^)

決済もスムーズに進み、それも武器に交渉が出来ますね!

以上で購入方法は終了です。

勿論買う前に値段交渉のコメントをすることも出来ますし、
商品の状態など気軽にコメントすればいいでしょうね。

まとめと評判

以上の単純な仕組みで購入が可能となっています。
メルカリがスタートした時には、やはり酷評も多かったです。

よく耳にした
  • 事務局が対応してくれない
  • 個人間なので変な物が送られてくる
  • サギまがいの商品が届いた

2016年2月現在では利用登録者が「2000万人」を越えて、
大きなアプリとなっています。

まだまだ成長段階でしょうし、
個人間のフリマであればヤフオクと変わらずちょっとした手違いなど仕方ないと思います。

メルカリの場合は、評価に直接影響してきますので
悪い評価が多い方と取引を避けるなど自分なりに活用していきましょう(^^)

以上で解説は終わりです。
メルカリを活用して不用品を持たずに生活していきましょう!!

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

8 Responses to “【メルカリ活用術】手数料・出品・仕組み・購入方法・評判”

  1. スマホで手軽にという点ではこれもありですね。
    応援しておきました。ポチッ

    • モげを より:

      矢田@医療職兼業トレーダーさん

      はじめまして、コメントありがとうございます(^^)

      隙間で素早く検索出来るのが一番のメリットですね!

      応援ポチありがとうございます(^^)

  2. たしん より:

    モげをさんこんにちは!!

    話題のメルカリですね
    実は登録したのは今年になってからです
    お取引のあるファッションカテ専業なやネットセラーさんからのお話ではじめて知りました
    カテゴリー的にあまりマッチしないのでまだ全然売上が上がってませんけど
    あのスピード感はすごいですね

    ヤフオクの何でもあり感と、楽天的な取引が合わさってる感じです

    • モげを より:

      たしんさん

      確かにメルカリはファッション系が多いような感じがしますね。
      逆に家電やOA機器などはやはりヤフオクの方が主流でしょうね(^-^;

      僕も売る側ではあまり活躍していませんが、
      仕入れにはお世話になる事が多いです。

      最近は家に引きこもりがちなので、
      ヤフオクの方を使っちゃってますが・・笑

  3. U より:

    こんにちは^^
    いつももげをさんの記事熟読させてもらってます。
    メルカリについて質問があります。
    最近メルカリで発送匿名サービスで送られてきている荷物が多数あります。今までは相手の住所や電話番号などを出金伝票に書き込んで取引内容をスクショして保存していたのですが匿名サービスだと相手の名前や住所が特定出来ず困っています。もげをさんはどのように処理されていますでしょうか?
    分かる範囲で構いませんので教えて頂けると幸いです。

    • モげを より:

      Uさん

      はじめまして、コメント・熟読ありがとうございます(^^)

      らくらくメルカリ便使うと匿名ができますからね・・。

      その作業は取引連絡をするためでしょうか?
      それとも税金的な関係でしょうか?

      取引連絡だと、商品のページに発送元の県が書いてます。全く同じものを買って同じ県だと迷いますがほとんどそれはないので商品ページで取引連絡をしていけばOKかなと思います。

      税金の面だと、クレジット決済の履歴だけをつかっていますよ(^^)わざわざ全部メモやスクショしなくても、メルカリ事態に過去の取引が書かれてますので、もし税務調査入ってもそれを見せれば照らし合わせてくれるはずです。

      ですのでそこまで細かく保存する必要もないかと思います(^^)

  4. U より:

    返信ありがとうございます。
    私が気になっていたのは税務調査だったので胸のつっかえが取れて良かったです。
    取引履歴を実は存在知りませんでした^^;
    また分からないことがあったら質問させて頂きます。
    ありがとうございました。

    • モげを より:

      Uさん

      いえいえ、更に気になる場合は取引履歴をエクセルで集計したりというのが一番確実な方法ですね(^^)

      履歴は残ってますので、お暇な時にやるのがいいかもしれません。僕はやってませんが・・笑

      またいつでもコメントください(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング