「組織化」の流れ・仕組み・考え方

組織 会社

今回は「組織化」をテーマにお話をしていきます。

まず頭に浮かぶのは、
大きく稼ぐには必要な事だと言えますね。

ですがそれだけで安易に組織化するのはオススメではありません。

大抵の方は失敗に終わってしまいます。
ではどのようなことを考えたらよいのか?

こちらを順に解説していきます^^

それではご覧ください!

組織化の必要性

ある程度の稼ぎが出来るようになると、
人を雇い効率化をしたいと誰しもが考えます。

ここでまず重要なのが、

「ある程度は稼いでないといけない」

よほど人を雇い、教育・管理が出来る方でない限りは、
自分が成功する前に人を雇うことはやめておいたほうがいいでしょう。

ではせどりに置ける組織の例を挙げておきます。

雇うパターン

自分が1人で月20万の収益を出せるようになった。

だがせどりには月に100時間使っているために、
もっと自由な時間が欲しい。

そこで検品・梱包・配送
PC操作などを任せるアルバイトさんを雇った。

アルバイトさんには月に50時間働いてもらい、
時給800円 40000円のお給料をお支払いした。

これにより全く同じことをやって、

・100時間労働 月20万円の収入
(時給換算で2000円)

・50時間労働  月16万円の収入
(時給換算で3200円)

このように人を雇うことによって、

「自分の時間を増やしている」

と考えるのが正しいです。
これが効率化と言われる所以かなと。

自由な時間が増えるからこそ、
残りの50時間をさらに仕入れしたら結果稼ぎが増えるということです。

❌稼ぐために人を雇う
◯時間を作るために人を雇う

これらを踏まえてどのように人を雇っていくか。
について次は説明をしていきます。

雇い方と仕事の割り振り

ある程度できるようになると、
2通りの雇い方が出来るかなと思います。

・全てのことをやってもらう
自分のコピーである管理者を育てる

・ある部分を任せるバイトを雇う
(雑務担当・仕入れ担当など)

ちなみにうちのスタッフ君は、
2人とも前者ですね^^

後者のバイトさんも1人は雇う予定でいます。

これらどちらが良いのかは正直言ってわかりません。

自分の事業の方針・自分の考え・そして相手の考え。
全てを考慮した上でどちらの方がいいのかを考えることです。

例えばですが、
主婦の方で平日の夕方まで働けるとしましょう。

ではその主婦の方は何をしたいのか?

それは少しでも空いた時間に生活費の足しになるよう働くわけです。

ということは負担にならないよう、
検品・梱包・配送など任せる方がいいに決まってます。

無理に育てる必要はなく、
相手が新しい仕事を望んだ時に仕入れを教えたりもいいかなと。

逆にある程度フリーで働きたい考えがある人には、
色々と仕入れから全ての流れを教えてあげるのが良いかなと思います。

よく聞きますが、

「そうすることによって、
独立させてしまわないか?」

と思うのでしたら初めから雇わない方がいいです。
それか後者のアルバイトとして雇う教え方をするべきですね。

独立せず自分の元で働きたいという方がいない限りは、
無理させていたらどこかで合わなくなってしまいます。

雇用の金額と支払い方法は?

これもよく聞かれることが多いです。
ですが考えてみればよくわかります・・

自分のコピーの様に自由に動いてもらう場合は、
「月給」がいいのではないでしょうか!

その際は仕入れ・出品・リサーチ・雑務
全てにおいての「稼働時間をとってもらうこと」が大事です。

信頼関係がある程度出来上がっていれば別ですが、
それにより給料の増減も考えられますので^^

・雇う側としては働かせすぎなのか?

・それとももっと頑張って欲しいのか?

これらを把握したほうがいいのではないでしょうか。

その方が取ってきた利益の半分などで割ってもいいのですが、
それは仕入れ担当のみのお話。

その辺は見込みと実際の利益のラグと差があるので、
あまりお勧めではありません。

ではアルバイトさんに出品や梱包をしてもらう場合は、
「時給」または「出来高制」にすればいいのかなと思います。

時給+αというのがいいでしょうね。

頑張ったらちょっと気持ち上乗せしたり。
一緒にご飯に連れて行ったりです。

ちょっとした気遣いがあるかないかで、バイトさんのモチベーションも変わってくるでしょう^^
(無理強いはいけませんのでご注意を)

・100時間労働 月20万円の収入
(時給換算で2000円)

・50時間労働  月16万円の収入
(時給換算で3200円)

値段に関してですが、
冒頭で使った金額は時給800円

せどりに関しては、自分の時間が半分になるのに、
利益は半分も減っていません。

これが時給1000円になっても痛くはないですよね・・?

普通のバイトと違って高時給出すことも出来ますので、
知りあいからどんどん探していく方が信頼感があり良いのではないでしょうか^^

まとめ

こちら色々と書いていきましたが、
全て僕自身、そして色んな方の話を聞いた結果の考えです。

これが絶対に正しいということはありませんが、
思った以上に難しいということは覚えておきましょう。

簡単に組織化・効率化できる位なら組織だらけです^^;

参考程度に見ていただければと思います。

ではでは、以上です!

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ