Amazon 高単価商品を扱う際のメリット・デメリット

2017年11月10日

カメラ 量販店

今回は高単価商品を扱った際のメリット・デメリットについて解説をしていきます。
上級者になってきたり、効率化を図っていくと高単価な物をやっていく事が多いです。

一見カメラなどの単価が高い物は良さそうですが、
逆にデメリットも存在しますね・・・

その辺のことをお話していきます。

それでは、ご覧ください(^^)

高単価商品とは?

money-1428594_640

まずはせどり転売に置いての高単価商品とは・・・
大体が1万円を超えるような商品の事ですね!

この単価が高いことで、利益額を上げて行こうといった考えです。

例えば、

・仕入れ値1000円で売り値が2000円

利益が400円だとすると、利益率は20%ですね(^^)

同じ利益率で考えても、

・仕入れ値10000円で売り値が20000円

利益が4000円で同じく利益率は20%となります。

このように仕入れの単価を上げていくと、
利益率や取る基準は同じでも「利益額」が上がっていきます。

いくら薄利多売をやっていっても、
利益額は少ないですからね・・・

資金に余裕が出来てきたら1万円OVERの仕入れもやっていくべきだと思います。

高単価商品のメリット

males-2358241_640

〇仕入れ値が高く参入者が少ない


ここが一番のポイントですね!
せどり歴が長く稼いでいる方、高単価商品も扱っています。

それはやはり初心者さんなどが手を出しにくいから。

単価が低い商品よりも、ライバルは少ないかなと思います。

特に1個あたり3万以上するものは手を出しにくいですよね・・・

〇利益額が取りやすい


単価が高いって事は、利益率が低くても額が大きいです。
月商1000万など行っている方はほとんどが新品家電の薄利で利益を上げている方が多いです。

高単価カメラなども量販店で交渉次第で利益は取れますからね(^^)

〇個数が減り管理が楽


薄利であるとどうしても商品数で勝負しないといけません。
それにより管理はツール任せか、作業員の方を雇うなどしないといけませんが・・・

高単価を扱うことによりその負担分が減って行きますね!

高単価のデメリット

drunk-1013898_640

〇資金力がいる


高単価でも高回転を選べば良いのですが、
価格競争やちょっとミドルを取ると危険ですよね。

この辺も注意しないと、いくらお金があっても回らなくなります・・

〇返品や故障のリスク


一番注目すべきはここですね。
高額家電を扱ってる人には付いて回るリスクです。

仕入れが5万もするカメラが不良品で戻ってきたら、
何としてもメーカーに連絡したり、販売店に持っていかないといけません。

100円の仕入れだと気にしないでそのまま廃棄でも良いですし(^^)

一番はこのリスクがあると思って頂ければと思います。

〇値下がり合戦や価格改定


高単価を価格改定ツールに任せるのは非常に危険です。
新品でも中古でもそれは同じですね(^-^;

必ず面倒でも手動でやるようにしましょう。

値崩れしたら一瞬で大きな損になりますので、
出品者数とモノレートでシッカリと確認も必要です。

まとめ

good-1123013_640

以上でそれぞれいい点・悪い点を挙げていきましたが、
資金があるから・・・といって高単価を大量にもおススメは出来ません。

精神的にもよろしくないですし・・高いですし・・笑

取り扱う際は、返品のリスクもあるという事だけ覚えていて頂ければと思います(^^)

ではでは、以上です!