Amazonシステム変更でモノレートにも不具合やエラーが多発?

broken-business-2237920_640

重宝しているAmazon相場サイト「モノレート」ですが、
2017年9月くらいから何か様子がおかしい・・・

その原因と対応策を考えてみました。

正直せどらーにとって、
モノレートやKeepaなどの売れ行きを見るツールは必須ですからね。

消滅したりすると恐ろしいです。

2パターンの不具合

Amazonのツールというのは、
全てAmazonのAPIという公開データを利用して作成されています。

モノレートも拡張機能も価格改定ツールなども、
全てこのAPIを利用してシステム的に構築されているわけです。

ですので、Amazon自体のシステムが変更になったり、
不具合が起こると当然それらを自動的に使っているツール側にも問題が発生してしまうのです。

最初のパターンはAmazon自体に何かしら問題があるということ。

そしてもう1パターンは、
ツール側のシステムに不具合があるということです。

どちらのエラーにせよ対応してもらわないと僕らではどうしようも出来ません^^;

キーワード検索がおかしい

モノレートを普段から使っていると、
お気付きだとは思いますが・・・

キーワードで検索すると明らかにAmazonと違う結果になるのです。

例えばですが、「スターウォーズ R2-Q5」と検索してみます。

ecdy0kYRQ2bx67E1510726388_1510726390

Amazon内の検索では正常に、
レビューも貯まっている正規品などからヒットします。

ではモノレートで同じように検索してみましょう。

BzB96TqCFFikb5F1510726397_1510726400

一番上に出てきた商品は、売れ行きも良くない商品・・・。

そして2番目には出品者もいない、
並行輸入品のページが表示されています。

どのようなキーワードで検索しても、
ほとんどがこのようにおかしな検索結果になるということです。

ずっと気になっていたので、
モノレートに直接問い合わせをして以下の回答を頂きました。

現在、システムの変更および調整中でございます。

システムの変更および調整中につき、
ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございません。

今後バージョンアップしていく予定ですが、
現在システム調整の途上でありますので、
お時間を要するかとは思いますが何卒ご理解いただけましたら幸いでございます。

定型文っぽいですが、とにかく調整中とのことです。

これにより圧倒的にモノレートを使う頻度が少なくなりました。

僕は電脳せどりメインで、
基本的にツールなど使っていないのでほぼモノレート頼りです。

今までモノレートで検索をしていた方や、これから勉強する場合は、
このような不具合があるということは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

違う検索結果なので仕入れ商品を見逃してしまう可能性も出てきます^^;
注意しておきましょう。

ランキングが反映されていない

これは自分が販売していて気付いたのですが、
売れたはずなのにランキングのグラフが動いてないのです。

結構な頻度で起こっているなら大問題です。
わかりやすいので、こちらのモノレートを見てみましょう。

Pd35FZVs6XPcjyB1510727403_1510727407

8月9月は出品者がいない在庫切れの商品です。
これを僕自身が5980円でAmazonに出品しました。

これを見ると1ヶ月ほどで出品者がいなくなっています。
今までの判断だと、

「ランキングが動いてないから出品を取り下げたのかな」

と思うような波形をしています。
ですが、この商品実際に売れています。

出品者が1人しかいない商品で、
僕が売れたのであれば間違いなく売れていますよね。笑

では同じようにChrome拡張機能の「Keepa」も見てみましょう。
こちらも同様にランキングの波形を見ることが可能です。

uc2BHs_03fVxs9_1510727413_1510727416

こちらも同様に波形が動いていない。
モノレートと同様1回でも売れたら折れ線になりますからね。

となるとこの問題は、
Amazon側の仕様変更で起こっているということになります。

単純にAmazonランキングが動いてないから、
これらのツールも売れたと認識されていないのですね。

僕は不便だな・・・と思った反面チャンスだなという気持ちが強いです。
仮にこの商品見つけてもおそらく仕入できないですよね?

僕は売れたことを知っているので、
2000円~3000円で販売されていたら普通に仕入れます。

売れたことを自分しか知らない。

逆にモノレートが使えないほうが、
自社にリストや実績が貯まっているほど有利なのかもしれませんね^^;

ツールに頼らない力も必要か

因みにこの商品ですが、仕入先はメルカリです。
普通に買えます。

その代わり1ヶ月に1個しか売れないとなると大量に買えません。
ただこのような自分しか知らない商品が10個あれば1万円利益。

100個あれば10万円利益です。

このようなリストと商品知識次第で戦えるというのは、
間違いなく個人の力が付いている状態ではないでしょうか。

・新品では交渉や人脈力

・中古では目利き力や知識量

ツールを使いこなすのはサポートとして考えて、
やはりこのような根本的な力を身に着けていくのが一番の対策だと思っています。

それでもモノレートの検索機能は治ってほしい^^;
Amazonから検索して商品ページ見つけても、
結局そこからASINや拡張機能でモノレートに飛ぶわけですからね。

改めてモノレートの大切さと、
依存しているということが再確認出来ました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

2 Responses to “Amazonシステム変更でモノレートにも不具合やエラーが多発?”

  1. 自分しか出品者いない場合、商品が売れてモノレートに反映されなかった場合ラッキーですよね^^

    しかし他の出品者いる場合は値下げされそうなので反映してほしいです。

    • モげを より:

      のぶーをさん

      確かに出品者が多数いる時は、
      売れないことに嫌気さして値段下げてしまいそうです・・・。

      この辺があまり波形が良くない商品のデメリットですね^^;
      理想はやはり超高回転ですが中々難しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ