無料で使えるAmazon独自の価格改定システムと使い方

価格 最安

今回は先日フトした時に追加されていた、
Amazon自体の「価格の自動設定」について解説をしていきます。

遂に今までは外部ツールに頼っていたものがセラーセントラルから使えます。
実際に手間などシステムはどのようなものなのか?

使い方や設定方法を書いていきます。

それでは、ご覧ください^^

価格改定ツールとは?

まずそもそものお話ですが、
Amazonで出品する際には、1つの商品に出品者が複数いるシステムですので価格の変動が激しいです。

もちろん価格が安いほうが売れやすいのは当然ですし、
新品だとショッピングカートを取っているか否かで売上が全く違います。

簡単な例で言うと、新品1万円で自分が出品していたものをライバルが9500円で出品したとします。基本カート取得はライバルの方になってしまいます。

そんな時2週間に1回しか、価格の変更を行っていないなどであれば2週間売れる可能性が少なくなるわけです。

それを補うためにあるのが「価格改定ツール」ということになります。
カート価格に合わせるなどの設定が出来て、ツール次第ですが、1時間ごとに更新されたりします。

それをライバルが多い商品でやることにより、
多少利益額が減っても、販売機会を失っていないということになり非常に重要です。

ただちゃんと下限、上限などを設定しないと思わぬ値段まで下がることも結構多いです。

以上を踏まえた上で今回の価格改定についてお話をしていきます。

Amazonの価格改定

まずはセラーセントラルにログインして、
価格⇒価格の自動設定を選択します。

Amazon 価格改定

初めて押すと、何やらよくわからない宣伝みたいなのがありますので飛ばしてサクッといきましょう。

Amazon 価格改定

結構複雑かなと思ったのですが、意外とやることは簡単みたいです。

価格改定手順

1.ルールを決める(カート合わせや最安合わせなど)

2.SKUを選択(商品を選ぶ)

3.下限・上限を決める(赤字・高値ストッパー)

4.価格改定を開始する

全く難しいことなく、非常にシンプルです。
早速ですが開始して行きましょう。

Amazon 価格改定

まずはルールの名前を決めます。
次の項目はカート価格or最安値を基準として、安く・合わせる・高くの3パターンを選択出来ます。

例えば新品でどうしてもカートを取りたい場合は、
「カート価格、安く、100円」などの設定をすれば常にカート価格より100円安く潜る設定になります。

とはいえ余り価格競争を起こすのもよくないので、
無難にカート価格に合わせる方が良いでしょう。

そしてライバルを全ての出品者と見るのか、
FBAだけをライバルで見るのかも設定できます。

今回はこんな感じに簡単設定です。

Amazon 価格改定

この設定を、要はカート価格に合わせたい商品に適応させていくだけです。
「保存してSKUを選択」を押してみましょう。

Amazon 価格改定

するとこのように商品一覧(画像、商品名は消してます)が出てきて、
ここから1つずつ下限・上限を決めて開始ボタンを押すだけでOKとなります。

非常に簡単なので今まで価格改定ツールに頼っていない方や、
商品数が少なめの方でもオススメな機能ですね^^

価格改定のペースと必要性

価格改定の外部ツールの場合、エラーが起こったり商品数が多いと時間がかかっていました。
とはいっても1時間ごとに更新されたりということでした。

ですが、流石Amazonの純正ということで通常15分以内に処理されるみたいです。
ルールさえ最初に作ってしまえば、それに割り振るだけなので時間がかからないようですね。

ルール変更をすると、選択している商品全て変更に入るので、
その場合は最長で1時間かかるということです。それでも早いです。笑

とはいえ、正直な話皆が価格改定ツールを使い出すということは、
それだけ値下がるリスクが上がるということになります。

出品者が10人いて、1人が100円安くと設定してしまっていて残り9人がカート合わせだと・・・。ちょっと考えるだけでも恐ろしいです。

今はまだ開始されたばかりなので、知らない人も多いでしょうし、
使っていない人がほとんどだと思います。

安く売るというAmazonの方針には、とてつもなく理想的なシステムですが・・・
同業者同士が潰し合う未来しか見えません^^;

こういったことを考えると、
やはりライバルがいないオリジナル商品や楽天や自社サイトなど突き詰めた方がいいなーとも感じます。

参考までに僕が使っている価格改定ツールは以下の記事を参考にご覧ください。

ではでは、お読みいただきありがとうございました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ