自己発送とFBA商品の価格差とショッピングカート獲得率について

ショッピングカート

今回はAmazonでのカート取得について、
細かく解説していこうと思います。

Amazonで新品を販売する際には、
カート取得を考えないとお話になりません。

ですので、新品を販売する際はどうすればいいか、
ちゃんと考えていきましょう。

それでは、ご覧ください^^

ショッピングカート獲得について

こちらは以前記事にしていますが、
詳しいことはこちらをご覧ください。

基本的にカート獲得してこそ新品は売れるという事は絶対に覚えておきましょう。

カート獲得の条件に関してですが、
大きく以下の項目が開示されています。

大口出品かどうか
注文不良率
パフォーマンス指数
配送スピード、価格
出品の期間と取引数

参考:Amazonヘルプ

出品者が特に気にしていけるのは、このへんでしょうか?
まずは小口出品と大口出品では明らかに大口の方が優遇されています。

そして、注文不良率・パフォーマンス指数はアカウントの健全性ですね。
ミスはないか・評価はどうかといった事を総合的に判断されます。

配送スピード、価格ですが勿論早い・安い方が取得率は上がります。
FBA商品の方がカートを取りやすいというのは配送スピードに関してですね(^^)

自己発送に比べると在庫は確実で配送も決められているからこそ、
FBA商品の方が有利であると言えます。

最後に出品の期間と取引数です。
これは以前書かれていなかったような・・気がします。

これは「商品ごと」に変わってきます。
同じ商品でも、以前から100個売ってる方と初めて出品する方では沢山売っている方が有利ということです。

ですので同じものを複数売る事、オリジナル商品や定期的な卸にて同じものを沢山売るのは多大なメリットとなります。

後はカート獲得のアルゴリズムですが、
開示されているよりも何かあるようです。笑

そこは非公開で何らかの要素が更に加わって取得率が決まるとの事です。
ですので、カテゴリーごとの違いなどは教えてくれません(^-^;

カテゴリーによる違い

このカート獲得ですが、カテゴリーごとに違います。
商品ごとに違うというのは当然ですがカテゴリーによる偏りは当然あります。

例えばですが、新品のCD・DVD系
こちらは他のカテゴリーより明らかに自己発送とFBAの差があります。

ですので新品でCD・DVD系を沢山仕入れる場合など、
スピード勝負以外はFBA納品の方がおススメですね(^^)

他のジャンルではさほど違いはないように感じますが、
この2種類を仕入れる際には気を付けた方が良いという事です。

自己発送とFBAの差額

先ほどからも解説をしていますが、圧倒的にFBA商品の方がカート取得率は高いです。

この要因としてはまずは在庫確実と配送スピードですね。
安い送料で済むもの以外はFBAに出品する事をおススメします。

例えばですが、

Amazon ショッピングカート

こちら多少の価格差しかなければ、
当然FBAがカートを獲得します。

Amazon ショッピングカート

次はDVDジャンルのとある商品・・・

Amazon ショッピングカート
Amazon ショッピングカート

ちょっと縦長になりますが、このように出品者が並んでいるとします。

それでもカート獲得者は・・・

Amazon ショッピングカート

一覧を全て跳ねのけて更に高い出品者が取っています。

最安約8900円とカートが11000円でその差額は2100円と非常に大きい。

ですが、Amazonの仕組み上カートから売れることが多く、
FBAの優位性は間違いないかなと感じます。

Amazonポイントを付ける優位性は?

Amazonには値下げの代わりにAmazonポイントを付けてアピールする事が可能です。

これはカート獲得に影響するのかということですが、
さほど影響はありません

あくまで値下げの一環とアピールのやり方ということで判断してもらえるとOKですね。

例えばですが、
1500円でライバルが競合している際に、

・1400円に値下げをする

・1500円に100ポイント付ける

これは同じことになります。
ただしポイントをつけすぎると販売手数料があがる一方です。


この2パターンの場合は売り値に対して手数料がかかりますので、
1400円にした方が販売手数料はお得と言うことです。

訂正

読者さんからのご指摘と、Amazonへの問い合わせにより
ポイント分が引かれた金額から手数料が発生するとの事でした。

ですので上記2点で手数料の違いがありません。
申し訳ございません。

ですが、ツール任せで高性能でない場合は、
最安値に合わせるという仕組みも多くあります。

これがポイントに対応していない場合1500円の100ポイントと設定していれば、
価格競争を少しでも減らせるかな・・といった物です。

よほど同価格で被さらない限りは、
利用する事は少ないかなーと思います。

Amazon本体は強力?

最後となりますが、Amazon本体がいる場合はまた別です。

Amazon本体はFBA出品よりも更に強いといったイメージです。
更には自由自在に価格改定をしてきますので、これがまた厄介です。

新品を仕入れる際は必ずAmazon本体がいるかいないかは確認しましょう。
それによって仕入れ基準が変わってくるほどです。

では、こちら僕が実際に売ってるもので見ていきます。

Amazon ショッピングカート

価格差はこの値段で243円です・・・
しかも単体で注文すると、2000円以下FBA商品は更に350円の配送料とられます。

ということは単品注文でその差額は「593円」となります。
それだけ差がことを考えると、流石にカートは・・

Amazon ショッピングカート

ダメでした(^-^;
因みに1300円で売ってる僕が最安値です。
徐々に下げていったのですが、カートは取れず・・・

そしてモノレートは動いていますので、
この差額でもAmazon本体から買われているということです。

このように、
Amazonよりちょっと下の基準で仕入れてしまうとミスをする可能性があります。

値下がってもいいようにちょっと余裕を持った仕入れが必要ですね(^^)

まとめ

以上長くなりましたが、カート獲得についての解説でした。
今後Amazon販売をやっていく以上はこの特性を見極めないといけません。

特に初心者の方で新品を扱う際には注意が必要です。
これらのことを参考に仕入れや売り方を学んで頂ければ幸いです。

ぜひともこれらを把握して、
カート取得と売り上げアップにつなげていきましょう!!

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

5 Responses to “自己発送とFBA商品の価格差とショッピングカート獲得率について”

  1. いため より:

    こんにちは^^

    モノによっては数千円違っても普通にカートが取れたり、FBA出品で自己発送者と20円しか違わないのにカートが取れなかったり…

    カートのシステムはよくわからないですよね…(^^;)

    • モげを より:

      いためさん

      こんにちは^^

      いくら研究しようとも、全然わからないですよね・・笑
      一定の法則ではない気がするし、Amazon本体自体の値段の上限もよくわかりませんね^^;

      相乗りで売っている以上はこのカート獲得は常に気をつけていきたいですね!

  2. のぶーを より:

    ペイメントから手数料確認してみたら
    ポイント引かれた金額に対して手数料かかってたんで

    「ただしポイントをつけすぎると販売手数料があがる一方です。」

    これ間違っているのかなと思ったのですがどうなのですかね?

    僕が間違ってたらイヤなので質問させてもらいました(∩ω∩)

    • モげを より:

      のぶーをさん

      お疲れ様です!
      のぶーをさんの考えが合ってそうですね(^-^;

      すみません、明日Amazonに電話して確認と訂正しておきます(^^)

    • モげを より:

      のぶーをさん

      先ほどAmazonに電話して確認したところ、
      販売手数料はポイントを考慮しない価格にかかってくるとの事でした。

      例えば10000円に5000pt付けるのと、5000円で販売するのでは同じ価格とみなされてカート取得に関わってきますが・・・
      前者は10000円に対して販売手数料が、後者は5000円に対する販売手数料なのでやはりポイントの付け過ぎは良くないという事ですね(^-^;

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ