【完全版】古物商の取得方法を分かりやすく解説

book-1202433_640

今回は古物商の取得方法についての記事です!
書類を集めるのは大変ですが、集めて提出するだけで、
誰でも取ることができます。

役所回る機会がありましたら、ついでにとっておきましょう^^

それではご覧ください。

古物商とは?

そもそも古物商というのは、

古物とは、古物営業法第2条で次のように定義される。
一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

いわゆる中古品と使用するために購入したが使用されなかった新品が古物にあたることになる。 当初から転売目的で小売商から購入した場合には、「使用のために取引されたもの」にあたらないことから古物とならない。

引用元:Wikipedia

Wikipedia先生に詳しく聞いてみたところ、
このように書かれていました。

ふむ、これを見ると転売目的で新品を仕入れたらそれは古物にあたらないってことですね。

逆に中古品の取引は必要っぽい書き方をされています。

非常に曖昧ですね・・・・。

中古メインだと取っておいてもいいのかなと感じます。
絶対に必要というわけではないですが。

必要な物、個人or法人

せどりにおける古物商は本来必要ではありません。

ですが、地域によっては取らなければならない。

と警察の方が言われるところもあるようです^^;

免許には2パターンあり、
個人で取るか法人で取るかですね!

それぞれ必要なものをまとめてみました。

個人事業主の場合

・古物商許可申請書(2通)

・略歴書(自分の経歴を書くだけの物)

・誓約書(サインをして同意するやつ)

・住民票の写し(市役所にて)

・身分証明書(本籍地にて、もしくは郵送手続き)

・登記されていないことの証明書(法務局)

・手数料(19000円)

※URLの使用権限書類(ネットで販売する場合)

URLの使用権限とありますが、
自社サイトで販売する以外はAmazonとかにサイトの権限があるわけですよね(^-^;

その際はAmazonから書類をもらうことは出来ませんので、必要ないかと思います。

法人の場合追加

・定款の写し(法人の場合)⇒コピーする

・履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

・役員や管理者複数の場合は各個人それぞれ用意

以上が必要なものとなります。
多いように見えて実際に多いです。笑

これらをしっかりと揃えていきましょう!

それぞれどこで貰えばいいか次で入手方法を書いていきます。

必要書類の入手方法

〇許可申請書、略歴書、誓約書
⇒警察署or書類はこちらでもDL可能。申請書だけは必ず2通作成すること

〇住民票、身分証明書
⇒お近くの市役所へ(本籍が別の場合は家族にとってもらうか郵送)

〇定款
⇒自宅保管のものをコピー

〇履歴事項全部証明書
⇒法務局

〇登記されていないことの証明書
⇒法務局

出張所を除く法務局だと即日発行されます。
郵送を望む場合は以下の方法で取り寄せることが可能です!

※郵送が可能なのは東京法務局のみ

◆東京法務局に送る書類

・宛名を書き82円切手を貼る

・中に82円の切手を貼った返信用封筒、自宅の住所を記載

・証明申請書(収入印紙300円を貼る)

・身分証明書のコピー(運転免許、保険証など)

これらを一式そろえて、
19000円の手数料を持っていけば申請完了となります。

個人的に素早く動く方法は以下の通り。

1.市役所に行く
(本籍が違う場合は郵送の件を聞く)

2.書類一式DLして記入

3.法人の場合は法務局に行く
(法務局カード、印鑑など忘れずに)

4.全て揃い警察署へ提出

この流れで一式揃えば、
警察署に持っていき、不備が無ければそこから手続きが始まります。

40日以内に許可証の発行連絡が来ます。
それを受け取ったらミッション完了です。

お疲れ様でした(^^)

本当に必要か

ということでここまで解説してきましたが、
専業でやる場合や法人化の際には取っておいて損はないでしょう。

僕自身も個人の時はとってませんでしたし(^-^;

ネット販売が主流になっている中で、
まだ法律的にもシッカリと整ってない状況だと言えます。

個人的にひっかかる部分は、

「URLの使用権限書類」

ネットで販売する際は、使用権限が必要と言ってますが、

「Amazonではそんな書類出していない」

これが普通に矛盾してますよね。

行く際は古物取りたいんで~といって、
Amazonなどネットの話を出すと逆にややこしくなる可能性があります。

法律や警察署の対応がそんな風だからどっちでもいいってなっちゃうような気がします。

結論からいうと必要はないのですが、
書類と19000円でとれるならとっておいて損はないかなと。

どのみち誰か一般の方からの買取業務など、
やっていく際には必ず必要となります。

一度取るとずっと効力がありますので、
お時間あるときにでも行ってみてはいかがでしょうか(^^)

ではでは、以上です!

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

One Response to “【完全版】古物商の取得方法を分かりやすく解説”

  1. […] 必要書類に関しては、ナイスなタイミングで(笑)モゲルドのモげをさんが記載して下さっているのでそちらをご覧ください。 →【完全版】古物商の取得方法を分かりやすく解説 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ