Amazon SKUを新規で作るのか?既存に追加すべきか?

2018年3月10日

SKU 計算機

Amazonには商品管理番号のSKUというものが存在します。

非常に便利な機能ですが、沢山仕入れていくと面倒くさいことになります。

基本的にはジャンルや状態・仕入れ値などを入力して管理しておくと楽になるのですが・・・

同じ商品を後から仕入れした時はどのようにしたら良いか?

SKU管理のちょっとした小ネタをお話していきます。

それでは、ご覧ください。

同商品は別SKU

まずはSKUに関してですが、自分で決めることが出来るものでもし何も入力しなければAmazonより自動的に番号が振り分けられるシステムとなっています。

決め方などは以下の記事を参考にご覧ください。

自動的に振り分けれられるので、決めるのが必須というわけではないですが後々管理の為に活用するほうが良いです。

またここがAmazonのちょっとややこしい部分なのですが、1度商品登録したSKUは変更することが出来ず、更に状態なども変更することが出来ません。

ということは同じ商品で状態が違えば複数商品登録する必要があるということになります。

Amazon 商品登録 SKU

例えばですが、上のカメラを「新品・非常に良い・可」の状態で仕入れたとします。

それぞれのコンディションで販売するには3回商品登録が必要だということですね。

この際に、

Amazon 商品登録 SKU

2回目から既存の出品情報を編集してくださいと書かれていますが、別状態だと気にせず登録して問題ありません。

その際は、SKUは違うようにしなければいけません。

Amazon 商品登録 SKU

3回商品登録したらこのように表示されます。

使用したSKU
camera170301-sin
camera170301-hiyoi
camera170301-ka

このまま3品をFBA納品することも可能ですし、扱っているジャンルやコンディションをSKUに入れることによって後々データを見返す事もまた可能ですね^^

コンディションが同一だとどうする?

Amazon コンディション
ここで問題になってくるのは、Amazonの規約上コンディションが同じ商品は1つのSKUしか出せないということです。

文章だけだとわかりにくいですが、先ほどのカメラの「可」を2個仕入れたとします。

片方は本体のみだけど、もう片方は本体・充電ケーブル・説明書がある状態です。

camera170301-ka-1
camera170301-ka-2

それぞれ写真や商品説明も変わってくるわけですから、本来ならこのように2つSKUを作成して出す必要があります。

ですがこのようにSKUを分けて出品すると中古の出品者一覧に「可」が2個並ぶ状態となってしまいます。

これがAmazonの規約上違反しているということになり、通報や巡回で見つかると片方が出品者一覧の一番最後まで移動してしまいます。

要は圏外に飛ばされて全く売れないイメージですね^^;

ではどうしたら良いかということですが、大人しく1つ売れるまで待つかコンディションを変える必要があります。

「可」が2個並ぶのは違反していますが、「可」と「良い」が並ぶのは問題ありません。

このように無理やりコンディションを変更して出すか、それとも微妙な違いがあっても同じSKUの「可」に2個出してしまうか・・・

この辺が面倒くさい部分ではあります。

既存に追加する必要があるか

Amazon SKU
最後に、新品SKUのことですが、先ほどのカメラを以前に3個販売したとします。

使用したSKU
camera170301-sin

そしてまた後日に3個仕入れをした場合、新しく商品登録しなくても既存のSKUを選択してそれに追加することが可能となっていますね。

もし日付を変えたければ新しいSKUで商品登録してそちらに出せばOKです。

新しく作成したSKU
camera170305-sin

こちらの注意点ですが、以前のSKUに在庫がある状態で新しいSKUを作成して出品してしまうと新品出品者一覧に2個並ぶ結果となってしまい中古と同じように1つ圏外へ飛ばされてしまいます。

もちろん片方が売れたら戻ってくるのでそれでも良いという場合はSKUを分けて管理可能ですが規約違反ですからね^^;

なるべくなら1つのSKUに出品してしまったほうが安全ということになります。

まとめ

この件に関してテクニカルサポートで聞いた所、

「SKUは既存に追加する必要はないが、
あまりにも商品情報が膨大だとセラーに不具合が起こる可能性がある」

との事でした。

 

SKUを作れば作るほどデータがどんどん蓄積されていくということです。

それにより不具合などは聞いたことがないですので、気にせずどんどん新規SKU作ってもいいような気もしますね。笑

ということで、SKUに関しての小ネタでした。

最後までお読み頂きありがとうございました。