Amazonアカウントを登録する方法と停止や削除を防ぐためにやるべき事

書く アカウント 登録

Amazonで購入や出品する際には、「Amazonアカウント」を取得する必要があります。この記事ではまず前段階として登録の際に使う名前をどうするか、そして複数アカウントを持ってしまった場合は統合できるのか?

また何が原因で停止などされてしまうかアカウントについて細かく解説をしていきます。自分が出品する立場だと絶対に知っておく必要があるでしょうし、購入者側の立場としても今後快適に使えるように注意点はおさえておきましょう。

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

Amazonアカウント

ほとんどの方がAmazonでの購入を経験したことがある、または購入はしていないが登録はしている・・という方が多いでしょう。もしお持ちでない際は以下のページから登録してみましょう。

◯Amazonのアカウント
登録はこちら
Amazonアカウント 登録

このような画面が表示されるのでそれぞれ入力すればOKとなります。

名前は本名か?

アカウントの所持名となりますので、ここの部分はニックネームでも問題ありません。ただし何かを購入した際などの配送情報はまた別で入力するので結局本名を入力することになります。

特に気にすることがない場合は本名を入れておくと良いでしょう。因みにですが、出品者側から見るとニックネームも本名もどちらもわかってしまいます。おそらくいないとは思いますが、有名な方や身バレが怖ければネット上のニックネームなど入れないほうが無難です。笑

メールアドレスはどうするか?

基本的に自分が現在使っているメールアドレスで問題はありません。特にただ購入するだけなら、発送完了メールなども届くのでわかるアドレスにしておくと良いでしょう。

もし出品を考えている場合は、プライベートと分けたいということもあるでしょう。その際はフリーメールのGmailを取得することをおすすめします。無料ですぐに作成することが出来ますので、販売専用として持っておいても良いかなと思いますね。

最後にパスワードを入力して登録を押すと、メールが届き無事アカウントの作成が完了となります。

Amazon サインイン

Amazonの画面から上記の部分よりサインインしましょう、無事に購入することが可能になりました。ログインするとメールアドレス・住所・支払い方法などが編集可能ですので、先程サインインが表示されていた場所の「アカウントサービス」より色々と設定をしておくとふと購入したい時に楽になります。

複数所持は規約違反?

この登録画面を見て思うでしょうが、ニックネームを適当に入れてアドレスさえ用意すれば無限にアカウントを作成することが出来ますよね?複数所持していると、お一人様1個限りの限定品をなんと複数個買えてしまいます。・・・が永遠にアカウントが使えなくなるリスクがあります。

Amazonは優秀なので、以下の情報を元にデータを取られています。

同じパソコンからのログイン
同じIPアドレスからのログイン
同じ個人情報

例えば5年前に一度アカウント登録していて、違反して削除された場合でも新たに作ると個人情報で紐付いてまた新たに削除される可能性があります。もちろん5年前に登録だけはしたが全く覚えていない・・ということで再登録であれば余程のことがない限り停止になりません。あくまでこの複数は「何か規約を違反した時」に調べられるというニュアンスですね。

購入者側での規約違反は先ほど説明した限定品の複数買いや、レビューや評価に個人情報や誹謗中傷を書き込んだ場合などです。他にも沢山ありますが健全に使っていれば全く問題ありませんのでご心配なく^^

出品者アカウントと紐付いている?

紐 ストライプ
これはAmazon出品者の方が気にするべき点ですが、出品登録をした際にAmazonアカウントをもう一つ作るなどしないと購入アカウント=出品アカウントという具合に紐付きます。そうなってくると、どちらかの立場で規約違反などを繰り返しアカウント停止処分になると、どちらの機能も止まってしまいます。こちらも普通に使っていれば全く気にすることはないのですが、無茶したくなる場合もありますからね。事前に知って注意しておきましょう。

因みにですが、Amazonアカウントのメールアドレスやパスワードを変更すると同時にセラーセントラルへのログインアドレス・パスワードも変更になってしまいます。忘れる場合もあるので、変更などしたら注意しておきましょう。また同居している家族がそれぞれアカウントを持つのはどうか?ということですが、原則としてはOKです。この場合は事前にAmazonにお問い合わせして状況を説明すると良いでしょう。家族じゃなくても同居人などの場合も同じPCやwifi環境を使うことがありますからね^^

アカウントの統合や削除

複数のアカウントを統合することは出来ません。これはAmazonのヘルプにも書かれていることですが、特に変なことを考えなければ複数所持してそれを統合したいなどはないでしょう。

アカウントを閉鎖したい・・という場合は閉鎖フォームがあるようですね。
特に理由がない場合は放置でもかまわないと思います。もし一度削除してしまうと永遠に削除したメールアドレスでは登録出来なくなります。詳しくはヘルプページをご覧ください。

◯Amazonヘルプ
アカウントを閉じる

こちらには「閉鎖したアカウントの情報は一切引き継ぐことはできません。」と書かれています。閉じるくらいなら放置して問題ないでしょう^^;

まとめ

いかがでしたでしょうか?注意していても思わぬことでアカウント停止になる事もあるかと思います。そうならないためにもある程度の規約は理解しておく必要がありますね!

これからアカウントを取得して出品しようと思う方は、続けてこちらの記事をお読みいただけるとわかりやすいです。


ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

4 Responses to “Amazonアカウントを登録する方法と停止や削除を防ぐためにやるべき事”

  1. 匿名T より:

    自分はアカウントを2つか3つ、持ってます。
    確か10年ぐらい前だったかな?の年の雪ミクを
    とりあえず複数欲しかったので増やしましたが
    それ以後は今のメインアカウント以外は使ってないです。(汗

    ---
    知り合いがスマホデビューして、アマゾンのアプリを入れたのですが
    携帯電話番号への紐付けだけでアカウントが作れたそうです。

    そして支払い方法などのメールが
    アマゾンのアカウントサービス内のメッセージのほうにしか来ないので
    コンビニ払いの番号がどこに来るのか分からずに
    メッセージセンターの存在に気がつくまで
    いろいろとしばらく探し回る羽目になりました。

    ※しかもメッセージの場合、アマゾンのアプリ上からも
    ブラウザからアマゾンにログインしてメッセージを開いた場合も
    コンビニ払いの番号を表示させるためのアドレスが
    リンクとして機能しないので要コピペという面倒くさいことに。
    これは初心者には手厳しい仕様だと思いました、本当に。
    #コンビニ払いを選択した場合、この2段トラップにはまると
    #分からないうちに支払い保留で期限を越えてしまうケースも普通にありそうです。

    • モげを より:

      匿名Tさん

      昔は色々なネットショップなどアカウントは複数作って買っても何も対策など無かったですからね。笑
      その当時にガッツリ転売してた方はかなり稼いでいた気がします^^;

      コンビニ払いだとメールが届かないのですね・・それは買った際に注意すべきと後はまた詳しく解説のしがいがありますね^^
      ただ自分がコンビニ払いをやったことがないので、今度試して見ようと思います!

      • 匿名T より:

        自分の親がメールアドレスを登録して作ったアカウントには
        コンビニ払いの番号のアドレスが入ったメールが届いてます。

        メールが届かないのは、コンビニ払いだからではなくて
        スマホからメールアドレスを登録せずに
        電話番号だけでアカウントを作ったから、のようです。
        (これの実験は、いろいろ面倒ですね・・・)

        今のアマゾンには、メッセージというシステムがあって
        それのミラーがアマゾンに登録したメールアドレスに届く
        というのが本当のところだと思われます。

        出品者は購入者宛に、お礼のメールをアマゾン上から送れると思いましたが
        それもアマゾン上のメッセージシステムで購入者のアカウント宛にメッセージを送って
        それのミラーがアマゾンから届く、ということのようです。
        #この場合は出品者ごとに割り当てられた
        #ホゲホゲ@marketplace.amazon.co.jpのメールアドレスから届くようです。

        わざわざアマゾンのメッセージシステムを介するようになっているのは
        双方の生のメールアドレスが相手に分からないようにするためという
        セキュリティ面の対策とともに
        直接取引のための手段を与えさせないで
        アマゾンのシステムに依存させるための対策とも考えられますが。(汗

        • モげを より:

          匿名Tさん

          あーなるほど、電話番号だけで登録したからなのですね。
          これはちょっと試してみたりするのは難しいかもしれません。笑

          確かに専用のメールシステムでセキュリティは良いかもしれませんが、そういった不都合もありますね。
          逆に出品者からするとセラーで全て確認出来るので楽という部分は否めないです。

          最近他モールも結構やってますが、登録したアドレスにいつも直接届きますからね^^;
          Amazonに慣れすぎてメール管理が大変に思ってしまいます・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング