【期間限定】AmazonFBA在庫の返送/放棄に対する手数料が無料に!

古本 捨てる

今回は、Amazonから出品者に向けたメールが届きましたので、
情報を共有したいと思います^^

FBA倉庫に商品を送ると、
保管料などがかかっているためしばらく売れてないと返送した方がいい場合もあります。

ですのでこの機会に在庫整理をしてみましょう!

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

手数料無料のプロモーション

こちらの無料はもちろん期間限定となります。
このようなメールはなるべく確認しておいたほうが良いです。

◯無料期間

2016年9月15日~2016年10月14日

こちらの丁度1ヶ月となります。
以下Amazonヘルプから抜粋します。

日本のフルフィルメントセンターにある在庫については、2016年9月15日から2016年10月14日の期間に申請された返送/所有権の放棄依頼に対して、返送手数料、所有権の放棄手数料は課金されません。このプロモーションは、すべての返送/所有権の放棄依頼に適用されます。長い期間、販売されずにAmazonフルフィルメントセンターに保管されている商品や、2016年8月15日に長期在庫保管手数料の対象だった商品にもこのプロモーションは適用されます。

引用元:Amazon出品者ヘルプ

どんな商品でも返送/所有権の放棄の手数料が無料になるようです。

特に厳しい条件などは書かれていないですが、
大量に返送かける場合は、Amazonに軽く電話して確認してもよいかもしれませんね^^

どのような商品を返送するか?

これはもちろん全く売れない商品や、
倉庫に送りすぎて保管料が結構かかっている商品などですね。

最初はFBAだけだったけど、自己発送のシステムが整っている場合や、
他販路で販売することが出来そうであれば返送するのが良いです。

問題は家のスペースなどの問題ですが、
不良在庫でどうしても売れないのであれば他販路で投げ売りなどしてどんどん資金を回すべきだと思っています。

因みに僕はこのメールが来る1週間くらい前に100個近く返送しちゃいました・・・^^;

やられたな・・・(;´Д`)

FBAの手数料は把握すること

Amazonで販売する際には、ほとんどの方がFBAを利用しているかと思います。
月額費やFBAの保管料や発送手数料など曖昧にしていると意外と取られたりします・・。

売上管理ツールなどには、
基本的に月額費や保管料、返送料などは含まれていません。

ですので忘れがちとなりますが、見えない部分で結構支払っているという場合もありますので、全てを把握した上で販売していきましょう!

ではでは、今回は以上となります。

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング