量販店VSネットショップ 私生活でもネット購入をおすすめする理由とは?

yP60YdpP0T3WYBf1494806296_1494806299

「通販」というと一昔前の考え方。

現在ではインターネットを利用して商品を注文するのは日常茶飯事の事ですね。若い世代では利用しない人がいないのでは?というぐらい生活に密着しています。

実際の店舗やネットショップでの買い物や仕入れ、ネットでの販売まで様々な経験をした僕が今回ネットでお得に買物をする方法をお伝えします。参考に今後取り入れて頂ければと思っています^^それでは、ご覧ください。

必須のお買い物は?

まずは生きていく上で、何を買っているでしょうか?もちろん人によって変わってくるとは思いますが、必須なもの・万人に共通するものを挙げていきます。

食品関係(スーパー)
生活用品(ドラッグストア)
家電(電気屋さん)
安い物(100均)
家具・DIYなど(ホームセンター、家具屋)
服関係(ショッピングモール、服屋)

いわゆる衣食住に必要なものばかりですね。そしてカッコの中に書いたお店で買っている方がほとんどだと思います。

この記事ではネットでの買い物をあまりしていない方・・・に向けて書いています。ネットを使いすでに全ジャンル網羅しているよという方はそっとブラウザバックを押して頂いて構いません^^;

まず僕自身がどうしているかというと、生鮮食品や服以外はほとんどネット購入で済ませています。その理由とネットショップの仕組みを解説していきます。

PC・スマホが使えないは理由にならない!

そもそもPCやスマホが使えない人はこの記事にたどり着いていないでしょう。笑
とにかくネットを見る手段はあるという前提で進めていきます。

そしてもしこれらの扱いが苦手・・・というのには訳があるでしょう。

操作が良くわからない
どこで買えばいいかわからない
会員登録など面倒くさい
支払いや届くか不安

これらのどれかに当てはまり、近場で目の前にあるならそこで買うから良いよ~と思ってるそこのあなた。

毎月数万円損していると知ったらどうでしょうか?

特に家電やキッチン用品、文房具など・・・ネットの方が圧倒に安い場合もあります。金額が高いものを買う時はまずネットでも価格を調べてみるのが一番良いでしょう。

ウィンドウショッピングはまた別と考える

何でもかんでもネットで買えとは言いません。例えば、友人や恋人と一緒にショッピングモールに行ったり、服を買いに行くことは誰しもがあります。その場合は「物を買うこと」ではなく、「買い物を楽しむこと」だと思います。そこで買ってしまうのは良いことだと思います。一緒に買い物にいって全く買わないほど寂しいことはありませんよね・・・。

同じようにお子さんがいる場合なども、当然おもちゃ屋さんなど連れて行くだけでも楽しんでくれますよね^^

あくまでネット購入をおすすめするのは単純に生活必需品であったり、自分自身で完結できるものです。だからは独り身の僕はほとんどネットで済んでしまうわけなのですね。笑

ではどこで買ったらいいの?

ここからは本題です。ネットで購入するのをおすすめしているわけですが、ネットには様々なショップがありどこで買ったら良いかわからないという事があります。ネット購入初心者であればまず何でも取り揃えているネットショッピングモールで買うことを考えましょう。

3大ネットショッピングモール

ショッピングモールというのは、様々な商品やお店が入っている複合施設の事を指しますね。そのネット版で最も有名なのが以下の3サイトです。

Amazon

https://www.amazon.co.jp/

楽天市場

http://www.rakuten.co.jp/

Yahooショッピング

http://shopping.yahoo.co.jp/

聞いたことはあるでしょう。この3つに登録して使えばまずは問題ありません。どのサイトも商品数は豊富で沢山のショップがこれらのモールで販売しているということになります。もちろん実店舗でも有名な量販店なども、いずれかで販売しているパターンが多いですね^^

会員登録は正確に!

どのモールでも当然会員登録が必須となります。支払いや配送の事もあるので、全て記載する必要があります。

氏名
住所
電話番号
メールアドレス
ログインID
パスワード

これさえ揃えることが出来れば誰でも登録することが可能です。中でもメールアドレスは必須ですので、フリーのGmailなどでも良いので用意しておくと良いです。

基本は情報を入力した後、メールアドレス宛に会員登録の連絡が来ます。それを見ないとログイン出来ない可能性もあるので、しっかりもメールまでチェックしましょう。最後にログインIDとパスワードも自分で決めることが出来るのでこの2種類も忘れないようにしましょう。

IDとパスワード保管は厳重に

基本的に1度発行されたものでログインすれば、そのPCやスマホではいつでも買える状態となっています。ですが友人のスマホであったり、例えばネットカフェなどのPCから何か購入したいという場合は、このIDとパスワードさえ分かればいつでも買うことが可能です。

便利な半面非常に恐ろしいですよね・・・。間違っても身内以外にIDやパスワードは漏らさないよう注意しておきましょう。その為、パスワードは自分だけが分かるもので複雑な物を使用することをおすすめします。これだけは事前に知っておけば特に問題はありません^^

支払い関係はどうなのか?

肝心の支払い方法についてお伝えしていきます。現在では多数の支払い方法がありますので、どんな方でも特に問題はないと思います。ここでは代表的な支払い方法を説明しておきます。

クレジットカード

⇒登録しておけばすぐに支払い可能

コンビニ・ATM払い

⇒番号が発行されるのでそれを持っていく

ギフト券

⇒事前に購入して専用で使う

ポイント

⇒貯まったポイントでそのまま買物

代金引換(代引き)

⇒家に届いた時に支払う

クレジットカードを持っていなくても、コンビニ払いや代引きを利用すれば問題ありませんね^^僕は学生のころ、クレジットカードを持っていませんでしたので、いつも代引きで購入していたのを思い出します・・・。ただし代引きなどを選ぶと別途手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

慣れてきたら値動きを見ること

ある程度購入に慣れてきたら、今度はネットでの価格差を見ていくのも面白いです。先ほどの3大モールでも、同じ商品の値段が全く違うということも十分に考えられます。そこでよく使うのが価格を比較してくれる「価格.com」という便利なサイトです。

◯価格.com
http://kakaku.com/

ここではあらゆる商品やサービスの比較が出来るマンモスサイトです。

9CHOMM9mSbxO5lc1494815815_1494815818

例えば洗剤など、身近でいつも買っているものを検索してみましょう。商品名、バーコードの番号などあらゆる検索が可能です。もちろんカテゴリーから選んでもOK。

SlmPvrc43NhIX4X1494815823_1494815826

するとこのようにショップ別にどのくらいの金額なのか?を表示してくれます。ちょっと小さいですが、ショップ名の横にロゴがあるものは先ほどの3大モールのいずれかです。慣れないうちは最安値よりも登録している場所で買うのが一番でしょう。

ネットショップだけでなく、普段買っている値段と比較してみるのも非常に面白いです。暇なとき、普段買っている値段を把握して見てみると実は損をしているということもあり得ます。

値切り・値引き交渉をお店で

よくテレビなどで紹介されたりしていますが、家電量販店での値引き交渉ですね。これは全くネットの知識がない方でも実践している方も多いと思います。

ただしアホみたいに吹っかけてもまず納得してもらえませんよね。笑
まず値切る前に、ネットでの販売価格を参考にしてみる・・・というのもありです。

例えばですが有名な全国店舗といえばそうですね、ヤマダ電機ヨドバシカメラでしょう。

価格差例

ヤマダ電機で欲しい炊飯器が3万円で置いてあった。
ネットで調べるとヨドバシカメラのネットショップが2万8000円で売っている。

そのままネットで購入してもいいし、ヤマダ電機で値段を合わせてもらうか交渉する。

このような流れでも十分に活用出来ます。いやらしいなんてことはありません。量販店も商売でやっていますからね。当然値引きなども視野に入れた上での店頭価格です。笑

ここでお話したように大手の家電量販店も当然ネットで販売しています。

ヤマダウェブコム

http://www.yamada-denkiweb.com/

ヨドバシ.com

http://www.yodobashi.com/

実店舗で購入するメリットとしては、保証関係が安心ということですね。ですが、これら専用のネットショップで購入すれば同じように店舗に持っていくことで保証を受けることもまた可能です。ネットでも最近は保証付きのところがほとんどですので、特に心配することはないでしょう。

些細な事で差がつく家計

以上いかがでしたでしょうか?ネットに慣れている人であれば当たり前。ですが、知らなければ確実に金銭的に損をしてしまいます。それでも良いよという場合はネットで購入することは全く考える必要はありません。

ですが少しでも節約したい・・・

遊ぶお金を増やしたい

・・・などの気持ちがあるのであれば是非とも活用していきましょう!もしネット購入をあまりしない人がいれば、この記事を勧めて頂けると嬉しく思います。

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました^^

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング