量販店VSネットショップ 私生活でも安い方を意識して!

3

どうもー、モげをです(^^)

皆さんは普段買い物される際に、
ネットショップと量販店とどちらが多いでしょうか?

ネットに慣れていたら、
ネットショップですが・・・

量販店でもシッカリと安くする方法は沢山あります。

それらを解説していきます!

それではご覧ください(^^)

スポンサードリンク

量販店とネットショップ

普段の買い物で必要な物と言えば、

・食品関係(スーパー)

・生活用品(ドラッグストア)

・家電(電気屋さん)

・安い物(100均)

・家具・DIYなど(ホームセンター、家具屋)

・服関係(ショッピングモール、服屋)

さて、こういった物が一般的ですね(^^)

結論から言いますと、

「生鮮食品以外はネットで調べてみる」

あまりパソコンやスマホが得意でない方でも、
使い方を覚えて検索してみるべきです。

特に家電やキッチン用品、文房具など・・・
ネットの方が圧倒に安い場合もあります。

シャンプーやリンス、洗剤なども
まとめ買いで最安のネットショップもありますので
是非一度使っている物を検索してみましょう!

◆Amazon

◆価格.com

◆オークファン

軽く見る分にはこちらなどで検索。

商品名をいれるかJANコード(バーコード)の数字を
入れて検索してみてください(^^)

家電量販店の値切り交渉

せどり転売をされている場合には、
利益が取れる幅がないと仕入れが出来ませんね。

普段の買い物では、すこし安い方で買うだけなので、
積極的に値切っても問題ないでしょう!

実際に家電量販店にいって、
上記のサイトで目ぼしい商品をチェックします。

そのサイトの方が安ければ・・

「これこの価格で売られてるんですが、
ここでちょっとだけ安くなりませんか?」

この時店員さんは、バイトっぽい方よりも
役職っぽい方に声を掛けることがポイント。

結局はバイトさんや普通の社員さんだと権限がないので、
上の方に聞いてきます~となってダメなパターンが多いです(^-^;

やはり保証の面を考えたら、
家電量販店で買うのが安心ですしね(^^)

なるべくはネットの価格を参考にして、
家電量販店で買う。

かたくなに下げないようであれば、
ネットの方が安いのでそのままネットで購入もアリですね!

些細な事で差がつく家計

主婦の方なんかだと、
1円でも安くって事で必死にチラシを見たり、
スーパーの特売に行くわけです。

そういった考えがあるのですから、

ネットやスマホの扱いに慣れて、
生活用品など安い物を探していきましょう(^^)

逆に物販に携わっているのであれば、
私生活の必需品などもいかに安く仕入れるかを考えると、
節約も同時に出来ていいかと思います。

ではでは、以上です(^^)

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング