キャッシュフローと電脳と副業の相性

お金 流れ キャッシュフロー

今回は、キャッシュフロー。
お金の流れをテーマにしたお話をしていきます。

ちょうど副業の方からの質問とコンサル内容があり、
結構詳しく説明しないと中々見えてこない部分がありました。

そうすることによって改善点とキャッシュフローを良くするには・・
ということがわかってきます。ですので、今回は具体的な例をだしてキャッシュフローについて考えていきます。

それでは、御覧ください!

スポンサードリンク

見えない時間がかかっている

まずはおおまかにですが、
物販のお金の流れについて書いていきます。

仕入れる(クレジットだと後払い)
商品が手元に届く(店舗の場合は即)
商品を倉庫に発送する
Amazonからの入金を待つ

基本的にはこのような流れで進んでいきます。

商品の売れ行きだけ見て仕入れていると、
何故かお金が増えないでクレジットの支払いに追われる・・このような可能性もあるわけです。

とりあえず低資金だと、
それなりに考えていかないといけないと思います。

特に副業の方や電脳メインの方は色々と考える必要があります。

仕入れからの流れ

では分かりやすいように、7月・8月の流れを書いていきます。
今回は副業+電脳の場合で考えていきます。

仕入れ商品
月日 用途 出費
7月1日 仕入れ 10000(クレジット)
7月4日 商品到着
7月10日 仕入れ 10000(クレジット)
7月13日 商品到着
7月15日 FBA出品作業
7月17日 販売開始
7月31日 クレジット締め日
8月17日 商品が売れる
8月25日 クレジット支払い 20000円
8月27日 売れた分の入金 25000円

さて・・この表を見てもらうと色々なことがわかるかと思います。
本来ならサクッと仕入れて売ってる感じなのですが、
意外と売れるまで時間がかかってお金が増えないという感覚に陥ります。

その原因を1つずつ考えてみましょう。

仕入れから到着までの時間

まずは電脳の場合、買って手元に届くまでに時間がかかります。
メルカリやヤフオクでの仕入れだと特に遅い時は遅いです。

そうなってくると自然と売るのも遅れて、
キャッシュフローは悪くなりやすいです。

その分店舗せどりだと即在庫になるので早いです。

到着からFBA倉庫まで

ここが結構問題ですね・・・
よく質問や色んな方の話を聞く限りは、

溜まってから送らないと送料勿体無い
まとまった時間がないと出品作業が辛い

このような感じです。確かに仕入れるのは簡単ですが、
売り終わって初めてお金になります。

溜まってから・・というのはもちろん経費削減になりますが、
キャッシュフローを考えるとやらないほうがいいですよね。

当然ですが自己発送だとその場で出品出来るのですが、
FBAを利用しているというのがまたスピードでは劣ります。

発送してから反映までも時間がかかるのでこの辺がネックですね。

売れるまでの日数

今回は販売開始から1ヶ月で売れた・・という想定にしています。

「仕入れ基準はどんな感じですか?」

と聞かれることもありますが、キャッシュフローを意識するのであれば、
一瞬で売れる・1ヶ月以内に売れる想定ばかりで取らないと危ういです。

もちろん在庫をどんどん増やす・キャッシュフローはトントンで良い・・という方は大丈夫です。
儲かるためにはミドル・ロングも入れないと大きな利益には結び付きませんが、
即金でほしいのならそんな手法は後々資金が増えた時に考えればよいです。

入金とクレジットの支払い

ここまで来るとわかると思いますが、
入金にも時間がかかりますし更には支払いも始まってしまいます。

これが売れるのに1ヶ月以上かかると支払い出来なくなってしまいますよね^^;
ですので、複利で回すクレジットカード頼みの仕入れは危ないということです。

ここまでを踏まえて改善策とどうすればお金回りがよくなるかを考えみました。

対策と儲かる金額

これらから、キャッシュフローだけを考えて即売り前提で仕掛けるには以下の方法が有効です。

2週間から1ヶ月以内には売る
自己発送をする
Amazonよりヤフオク・メルカリを使う
縦積みはしない

こういった結論になります。
もちろん儲かるためにはどんどん仕組みづくりや組織化、縦積みをしない限り無理です。

100万稼ぎたいけどキャッシュフローは大きくプラスというのは無理です^^;

その辺を考えたうえで、せどりに取り組むことが良いでしょうね。

ただガッツリやって儲かってる人の中では、
利益率が高かったり更には縦積みや業者さんと繋がって儲かっている人も多いです。

そこまでに行くのに努力は必要という・・やはり何でもそうですが、
時間をかけて自分で考えていく必要がありますね^^

ではでは、お読みいただきありがとうございました。

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

2 Responses to “キャッシュフローと電脳と副業の相性”

  1. やっさん より:

    こんにちは(^o^)
    今回は色んな意味でかなり勉強になりました☆
    ちゃんとお小遣い帳つけて把握していきますd( ̄  ̄)

    • モげを より:

      やっさんさん

      こんにちは^^
      やはり色々と管理しないと見えてこないですからね!

      ちゃんと数字を見て今後の方針を決めていければ良いと思います^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング