ワコムのペンタブを使ってみた感想とおすすめの使い方

ワコム ペンタブ

今回は動作を確認するために、
ペンタブレット、略してペンタブを使ってみました。

ネットでブログなどを運営していると多数「絵、写真」を編集する事が多いです。

少しでも自分の足しになればと思い、
ペンタブでのお絵かきを習得しようと試みました。

結果は果たして・・・?

それでは、ご覧ください(^^)

ペンタブレットとは?

そもそもペンタブとは何に使うのかということですが、
昔はマウスにて線を引いて絵を描いていたのが普通でしたね。

それをタブレットをなぞって専用ペンで書くことにより、
より自分の思った通りに文字や絵を描けるといった物です。

そして多数のメーカーさんが作ったり、
その他輸入品なども数多く作られています。

その中でも人気メーカーである「WACOM」社のペンタブレットですね!
こちらを実際に使用してました。

ワコム ペンタブ

このように2種類のタイプが存在します。
やはり液晶に直接書くタイプの方がシックリきそうですが、
お値段が8万円以上というものがほとんどですね。

特に絵を描くプロでもなく、
ただのど素人がどれだけ使えるのか・・と気になる方も多いかもしれません。笑

ということで安価なペンタブを使ってみました。

使用したもの

最初に言っておきますが、
絵が上手とはとても言えません。

とにかく書いてみることにチャレンジしただけですので、
使用感などをお伝え出来ればな・・・と思います。

では、今回使用したのはこちらです(^^)

Wacom ペンタブレット シンプルタブレット Bamboo Pen CTL-470

41WV3bHBP1L

商品ページはこちらから

そこまでお高くない商品ですね。
とにかく簡単なのですぐに使える様になりました。

やる事は以下の通りです。

場所を確保する(意外とスペースがいる)
USBで接続する
必要に応じてソフトを入れる

こちらの商品は特に何も用意しなくても、
気軽に使える物ですので初心者には非常におススメですね(^^)

実際に書いてみた

そうですね、とりあえず最初にパッと思い浮かんだ、

「お絵かきはこれでしょ~」

といったあのお方を絵にかいてみました。

特にソフトなんかはないので「ペイント」を使いました(^^)

dora

誰だかわかりますよね?笑
これは自信作です。

初めて書いた感じで言いますと、
若干の違和感はありますね・・・。

ですが慣れたらペンでマウスポインターの移動もクリックも可能となりますので、
これをメインとして使っていくのも全然苦じゃなさそうです。

では次にですね、この僕「モげを」のアイコンを真似してみました。
あわよくば良い物が出来ればそっちを使うというのもアリですね。

因みに元画像はこちら。

uxvJM7hKdNluoTW1430932862_1430933004

素晴らしく整ったフォルムをしています。

これを模写してみると・・・こうなりますよね。

pandate

あれ、おかしいな・・ドラ〇もんの時は上手く行った気がするのに(^-^;

これはこれで趣があって良いのではないでしょうか!

使った感想と使い方・・

結局ですね、向き不向きがあると思いますが、
普通にお絵かきをする分には何もストレスなく使えます。

もうちょっと工夫して色々な使い方が出来ないと流石に勿体ないですが(^-^;笑

もっと高額な商品だとちゃんとした作業用として使える事は間違いないでしょう。

色々と良さそうな物を探していると、
こんな大きなサイズも見つけました。

ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD touch DTH-2700/K0

ワコム 高額 ペンタブレット

商品ページはこちらから

まさに職人が使うような物でしょうね。
こちらはお値段が約30万とします。

やはり色々なネットショップで購入した方の「レビュー」を参考に、
自分に合ったお値段の物を選ぶのが一番ではないでしょうか(^^)

それではお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングのバナーも作ってみました。
楽しんで頂けたら応援ください。笑

qkJb5Ysm2S4bVXC1466410788_1466410876

↑ 今回作った奴

↓ いつも通り画像編集で作った奴

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

6 Responses to “ワコムのペンタブを使ってみた感想とおすすめの使い方”

  1. 匿名T より:

    ペンタブ、自分も触ったことはありますが難しいですよね。
    メイン画面の四隅が、ペンタブの反応範囲の四隅と対応するので
    理屈では分かっていても慣れるまで相当にかかりそうでした。(汗

    液晶ペンタブ(液タブ)は、見たままに操作できるのですが
    設置位置や角度の問題と合わせて
    操作予定箇所がペン先に隠れるというので
    そこが悩ましいという話を聞いたことがあります。
    #スマホなどのタッチパネルと同じですね。

    • モげを より:

      匿名Tさん

      最初は移動させながらクリックするのが非常に大変でしたね^^;
      ですが、これ慣れたら結構使いやすいのではないかな・・と感じました。

      あとはちょっとした絵心があれば、
      画像修正や作成に使えたかな・・と思うのですが。笑

      液晶は確かにそうですね、
      繊細な作業をする方はその辺もシビアになるかもしれません^^;

  2. いため より:

    どもです。(^-^)

    昔からペンタブと言えばワコム…

    ワコムと言えばペンタブ…

    と言われているのでよく仕入れてました。(。-∀-)

    アイコンのパンダも手書きのほうが味があって良いんじゃないですかね。(。-∀-)

    こんど

    • モげを より:

      いためさん

      こんにちは^^

      そうですね〜今回のも普通の仕入れたやつを動作確認という名目で色々と遊んでいます。笑

      パンダはいい味出たな〜という感じなので、
      今度色々と修正を加えてみます^^

  3. 匿名T より:

    完全に記事と関係ないですが
    ○「ヤフオク!ガイドライン細則」の新設について
    というお知らせがヤフオク運営から出ていました。
    個人的にはアダルト関係の出品先カテゴリの件などが
    はっきりと規約の一部として明記されたことが進歩かな、と思っています。
    #今まではルールという名称のページで、強制力が弱い感じでしたので。

    ただ、気をつけないと児童ポルノの規制にひっかかる可能性も
    明記されたことで高くなってしまったかもしれません。
    実際、18禁ではないのに、きわどいフィギュアなども少なくないですし。(汗

    • モげを より:

      匿名Tさん

      ほんとですね、全くお知らせに気づきませんでした。笑
      アダルト系は大分曖昧でしたからね・・・。

      先日のAmazon一斉アカウント停止みたいな、
      自ポを連想させる商品はどんどん扱いにくくなりますね^^;

      該当するようなきわどい商品は扱ってきましたが、
      なんでもかんでもヤフオクって時代もなくなってくるのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング