ポイントを経費や仕入れに計上するのか?

財布 ポケット

今回は質問を頂きましたので、
お答えしていきます!

ポイントを経費に加えるかどうか・・・ということですね。

仕入れをしていると、
店舗でも電脳でもポイントが貯まっていきます。

それだけで生活する事もまた可能と言えます。
それでは、ご覧ください(^^)

ポイントの考え方

質問内容

気になったんですが電脳や家電量販店のポイントなどはプライスターなどには入れたりはしないのですか?

そもそものお話となりますが、
ポイントは経費として計上出来ません。

ですのでちょっとややこしくなるわけです・・・。

因みにポイントの貯め方や注意点は、
以前記事を書きましたのでこちらにてご覧ください。

〇参考記事
ポイントの使い方・貯めるコツ・注意点

では実際に数字を見て、
経費に計上できるかを考えてみましょう。

税金の考え方

それでは何通りかのパターンで考えてみましょう。

例題1

家電量販にて、1万円のプリンターを仕入れした。
ポイントが10%つくので1000ポイントが貰えた。

以降仕入れはせずにポイントは貯まったままだ。

プリンターはAmazonで20000円で売れて、
5000円の儲けが出た。

例えばこちらのパターンの場合ですね。
5000円の利益が出ていますので、税務上はこの所得5000円に税金がかかってきます。

他の経費など一切考慮しなかった場合です。

これをポイントを考慮して計算してしまうと、

「1000ポイント貰えるから仕入れ値は9000円だ!」

としてしまうと、おかしなことになってしまいます。
ですので仕入れた際に、
ポイントがついても実際に払った金額を仕入れ値として計上しましょう。

例題2

先ほどのプリンターを売って5000円の利益を出した。

後日1000ポイントあったので、
1000円の物を仕入れして2500円で売った。

無料仕入れだから利益は2000円出た。

さてこの場合ですね。
ポイントを仕入れに使うことは可能です。

ですので使った時点で仕入れ値を減らす計算をするわけです。
1000円の商品をポイントで買ったので、「仕入れ値は0円」ということになります。

使った時点で計上するのはOKですが、
その分利益が丸々出てしまいますよね。

このパターンであれば利益7000円に税金がかかってしまいます。

例題3

先ほどのプリンターを売って5000円の利益を出した。

後日1000ポイントあったので、
お菓子を1000円分買った。

ポイントは消費したが食べるので勿論利益は出ない。

このパターンの場合は、ポイントを自分の私生活の物に充てました。

そうする事によってどうせ使う出費は抑えられるわけですので、
お得に生活をすることが出来ますね(^^)

先ほどと違うことは、
利益が発生していないので税金も発生しない。

ということになります。

ですので、極力ポイントは私生活の物に使うことをおススメします。

とはいってもほとんどが経費になっちゃいますので、
仕入れに使うことも多いですが(^-^;

どういった物が経費にならないのか?

ではポイントを有効活用するためには、
何に使ったらいいのかですがまずは経費になるものは以下の記事にてご確認ください。

〇参考記事
確定申告時、経費に計上出来る物

これら以外で経費になりにくいものは、

服やアクセサリー
コンビニでちょっと買うもの
スーパーで普通の食事

これらなどですね。

服やアクセサリーに関しては中々難しいです。
例えばですが、普段服は全く買わずに年2回くらい「交流会に行くのに恥ずかしくない恰好」
をするために購入だとギリギリ経費と認めてくれる税理士さんもいます。

僕の場合は自分で開催したりしますので、
キッチリした格好をしないといけないという理由が出来ます。(キッチリしてないです)

コンビニやスーパーも同じことですね。
普段ちょっと小腹がすいて買い物に行ったものは経費にできません。

ですが「スタッフ数名をねぎらうため」に、
飲み物や食べ物を結構買ったとなると目的があるので経費計上出来る場合もあります。

まとめ

ポイントが大量に貯まる事によって、
無理に浪費するくらいなら仕入れに回した方がいいです。

ですが普段からちょっとコンビニに行くなどする場合は、
毎回ポイントを使って支払うと良いかと思います(^^)

Yahooショッピングなどでポイントが大量に貯まる場合は、
どんどん仕入れに回していきますね。

そうしないと消滅かいらない物を買ってしまいますから(^-^;笑

ではでは、以上です!

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング