Amazonの手数料やFBA保管料の確認方法

確認 チェック

今回は自分の経営を把握するために知る必要がある、
「Amazonの手数料」についてまとめました。

手数料がかかるのは知ってるけど、
実際にどこでみたらいいの?

と言う際に知っておけば数字を把握する事が可能です。

それではご覧ください(^^)

スポンサードリンク

Amazonの手数料について

まずはAmazonで販売する際にかかってくる手数料をおさらいしてみましょう。

販売手数料

FBA、自己発送に関わらず全商品にかかってくる手数料。
基本的に8%~15%取られる。

これは扱うジャンルによって変わってくる。

カテゴリー成約料

メディア系(本・CD・DVD)などにかかってくる手数料。
実際に販売手数料に上乗せされて60円or140円がかかってくる。

1円販売で手数料がかからないのが原因で導入されていると考えられる。

出荷作業・発送重量手数料

FBA倉庫を利用した場合にかかってくる。

基本的に大きさや個数によって変わってきますが、
普通の商品であれば100円~300円

大型商品の見極めは出荷作業手数料が500円以上の場合。

月額保管料

FBAの倉庫に商品を置いておくには、
3辺のサイズにより一定の保管料がかかってくる。

大きい物を特に数か月放置すると、
高額な保管料が支払われることになる。

以上の4つが基本となります。
他にも手数料がかかる場面と言うのはありますが今回は省略します。

またどのジャンルに何%の手数料なのか、
どのようにして手数料を把握するのかは以下をご覧ください(^^)

〇参考記事
Amazon販売手数料・販売の仕組み・カテゴリー成約料とは?
Amazonの手数料を瞬時に計算!FBA料金シミュレーター使い方

手数料の把握方法

では実際にいくら手数料が取られているのか?
昨年から消費税も上乗せされたので確認しておきたいところですね(^-^;

それでは、セラーセントラルにログインをしましょう。

レポート<ペイメント<トランザクション

と選択をしていきます。

Amazon手数料 確認 支払
Amazon手数料 確認 支払
Amazon手数料 確認 支払
※クリックで拡大します

これにより「1注文」に対する手数料がわかります。

こちらのAmazon手数料は、
FBA保管料以外の手数料が計算されています。

ですので自己発送であれば販売手数料やカテゴリー成約料のみが発生。
FBAだと出荷・重量手数料が加算されていますね。

因みに有料ツールなどはここのデータを引っ張って来てますので、
保管料以外はシッカリと計算されていることになります。

※もちろんこのデータをtxt形式でダウンロードする事も可能です。
これらを活用してデータ管理していくのも良いでしょうね(^^)

FBA保管料、その他の支払いは?

こちらの先ほどのトランザクションから見ることが可能です。
保管料は注文にはかかっておらず、「サービス料金」として表示されています。

ですので、

Amazon手数料 確認 支払

トランザクションから「サービス料金」を以上のように抽出してみましょう!!

Amazon手数料 確認 支払

こちらにて、

月額保管料
所有権の放棄/返送料
月額登録料
その他支払い

を確認する事が出来ますね。

自分が倉庫に送りかかってる費用と、
手間を考えてどちらの方がいいのかも考える事が出来ます。

入金と参考資料

個人事業主の場合は申告の際に、
売上・手数料・入金など分けて入力しておかないといけません。

勿論税理士さんにデータを提出する際にも、
これらの手数料もシッカリと渡した方がいいですね。

ということで、「過去の決済情報」をそのまま押してみましょう。

Amazon手数料 確認 支払
※クリックで拡大します

ここで過去の決済情報を一覧で見ることが出来ます。

この部分を印刷するなりして税理士さんに提出するのが良いでしょう。

まとめ

以上で手数料に関しては終わりです。
もちろん把握も大事ですが、あくまで仕入れることが大事ですからね。

とにかく仕入れをしていきましょう!!

次の記事では、プライスターを使った管理方法について解説していきます。
1つずつ計算するよりもやはり在庫が増えてきたらツールで管理するべきだと思います。

ではでは、以上です(^^)

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング