せどり・転売を始める方へ 値段の正しいつけ方・価格改定方法!

jQY6vdLROtTnsuj1431383158_1431383162

どうも、モげをです(^^)

Amazonで出品する際には、状態や値段を決めますね!

この値段の決め方がまた厄介で・・・

値段は出品者同士が決めているようなものです。
その点に注意してご覧ください(^^)

スポンサードリンク

基本的な出品価格

まずはモノレートで現在の値段と
過去の相場を確認します。

せどり・転売に必須 モノレートの見方・使い方 その1
せどり・転売に必須 モノレートの見方・使い方 その2
せどり・転売に必須 モノレートの見方・使い方 その3

注意するべき点は、

・現在の値段で売れるのか
・出品者数と在庫数
・状態別の値段
・自己出品者かFBA出品者か
・最安値で売るのか
・少し高めに設定するのか

細かい部分は沢山ありますが、
ポイントを押さえていればいくらで出品すればいいか、
相場や値段推移を見る感覚も身についてきます。

実際の商品で値段設定!

今回はこちらの商品を例に考えてみましょう!

◆Panasonic 空気清浄機 ホワイト 適用床面積:16畳 F-PDH35-W
◆モノレートはこちら

※この記事投稿時の相場で話していきます。
下の画像を参考にご覧ください。

kakaku2
※クリックで拡大

現在Amazonのカートでは11800円(配送料無料)
ということでFBA出品者がカートを取っていますね!

在庫は11点アリ。結構あります(^-^;

参考:Amazonカートを取るとは?

kakaku1
※クリックで拡大

早速モノレートを見てみると、
新品16人、中古5人の出品。

kakaku3
※クリックで拡大

波形はいいですし、値段は若干下がり気味ですが、
11000円以上では売れそうな事がわかりますね(^^)

kakaku4
※クリックで拡大

一応新品が売れてるのか、中古が売れてるのかを確認。
データ一覧を見たらどっちも売れてることがわかります。

さて、ここまでモノレートをみたら、
次は出品者一覧を見てみます。

kakaku5
※クリックで拡大

実際に新品で出品する場合で考えていきます。

11800円が3人、そして12160円、12170円と続きますね。

こういった場合はFBA最安値に合わせるのがベストですね!

自己出品の場合は値段+配送料が11800円より低く設定しないと、
流石に売れないかなとは思います。

FBAで出す場合は、11800円で良いでしょう。

ここでどうしても早く売りたい場合以外は、
値段を下げない事をおススメします。

価格を改定する場合、ほとんどの方がツールを使っているかと思います。
11800円が3人並んでいるのも

「FBA最安値に合わせる」

って設定をしている可能性が高いですね。

ということは、11500円くらいで出品してもついてきちゃいます。
ついてきたからまた下げようとしてもついてきます。

11799円にしたらどうか・・・
1円下げてもカート取れない場合もあります(^-^;

無駄なあがきはせずに、11800円に合わせるのがベストですね。

今11点在庫の方がカートを取ってるからといって、
11点売れるまでずっとカートを取っているわけではないのです。

在庫数や評価を考慮した上で、
似たような値段でグルグル回るといった考えでいいでしょう!

この部分を理解してないから、損をする方が多いと思います・・

新品は基本最安値FBAに合わせる。
(心配だったら最初は少し高めに設定する)

値上がり傾向だった場合は最安値に合わせるよりも、
少し高く出して様子見もアリですね(^^)

kakaku6
※クリックで拡大

さて、中古の場合ですが、

【良い】 8500円 2人
【非常に良い】 8400+340円
【ほぼ新品】11000円、17000円

となっていますね(^^)

良いで出品する場合は8500円に合わせる。
非常に良いだとFBA9000円くらいですかね!
(自己配送の方より売れやすいため)

そしてほぼ新品だと、10000円~11000円で
設定するのが良いですかね。

今の11000円だと、新品と800円しか差がないので
中々購入されない可能性もありますから・・・

中古だと写真を取るのが効果的だったりします。

この商品を良いで出しても写真をつければ、
8700円や8800円でも売れていくことでしょう!

慣れてきたら写真は絶対にとるべきです(^^)

値段まとめ

◆新品


・カート価格に合わせる
・FBAならFBA最安値
・値段が上がりそうなら高めに設定
・むやみに値下げしない

◆中古



・状態で合わせる
・新品相場も考える
・写真を取って差をつける

少し長めに書きましたが、
大切な部分なので是非勉強していってほしいです。

以上です(^^)

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング