Amazon販売手数料を瞬時に計算!FBA料金シミュレーター使い方

計算 利益 電卓

Amazonで商品を販売する際には必ず「手数料」が発生します。販売手数料に加えてFBAを利用する際にはサイズや重さによって手数料が変わってきます。そういった商品を仕入れする際に「FBA料金シミュレーター」を活用し利益を把握していきましょう。

慣れないうちは色々な商品を見る度にこのシミュレーターに数字を打ち込むことをおすすめしています。慣れたら頭の中である程度計算は出来ますが、始める際には利益計算を間違えないように必ず確認しておきましょう。

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

FBA料金シミュレーターとは?

AmazonのFBAを利用した際には販売・出荷・保管などの手数料がかかってきます。販売手数料はジャンルごとに変わってきますし、また出荷作業手数料などは大きさによっても変わっています。

それらを正確に見極めるために使用するのが「FBA料金シミュレーター」というツールになります。

◯FBA料金シミュレーター
使用はこちらから

またこのシミュレーターですが、基本的には「モノレート」で見た際にすぐ飛べるようになっています。

FBA シミュレーター 料金

モノレートにて売れ行きやライバル数などを判断して、最終的にどれくらい利益があるのか?を確認する作業ということですね。もちろん頭の中で完全に計算出来る人は使う必要ございません。

シミュレーターの使い方

では実際に先ほどの商品を計算してみましょう。

FBA シミュレーター 料金

FBA料金というボタンを押すと、このように商品名やASINを入れる画面が出ますね。先ほどモノレートに書いてあった「ASIN」をこちらに打ち込んで検索ボタンを押します。この時に商品名だけだと中々出てこないということもありますので、なるべく検索する際は「ASIN」を使うということを覚えておきましょう。

FBA シミュレーター 料金

こちらの画面に書かれてある通りですが、Amazonの登録されてある寸法と重さを元に料金を計算してくれるわけです。この寸法なのですが、誰も今までFBAに納品したことない商品だと自分で入力する必要があります。そこだけは正確に測っておいたほうが良いでしょう。

また数字を入れる箇所はFBAだと3つだけ。

想定の販売価格
FBA倉庫まで送る配送料
仕入れ価格

これらを入力して計算ボタンを押すだけでOKです。因みに自社発送の場合であれば、設定している配送料と自社でかかる梱包や発送料金を入力すればOKとなります。

ではこの商品を1000円で仕入れして、倉庫までの発送が複数送って50円かかるとして計算してみましょう。
想定販売価格は2500円ということにします。

FBA シミュレーター 料金

利益額が834円と利益率が33%と表示されました。これで問題なく仕入れが出来るということになります。使い方はさほど問題ないでしょう。

こちらを活用する注意点としては、

手数料の消費税が含まれていないこと
キャンペーンなどで手数料割引が適用されないこと

これらは仕様変更に追いついてないというのが正しいでしょうね。販売手数料に消費税が上乗せされるように変更されてからも、こちらのシミュレーターでは変更されていません・・・。特に単価の高い商品は消費税分もシッカリと把握しておくことが必要となります。

またAmazonが特定ジャンルの販売手数料を安くしたりすることがあります。それも反映はされていないので、自分で把握するようにしておきましょう^^

自社発送とFBAを比較する

こちらのメリットですが、自己発送かFBAかの比較が出来るようになっています。実際に先ほどの商品を想定2500円で販売した場合で比較してみましょう。

FBA シミュレーター 料金

どちらも販売価格は同じ送料込み2500円です。そして自社発送の場合は梱包や発送にどのくらい費用がかかるかがポイントとなってきます。今回は300円としていますが、プラモデルを送るとなると箱BOON・ゆうパックなどを使うか、保証なしでも良いの出れば普通郵便定形外ということになります。この300円は定形外の料金と軽い梱包費用を入力しています。

これを見たら利益の差はたった70円しかありません。それを倉庫で勝手に発送してくれる方がいいのか、自分で時間をかけて梱包して郵便局に持っていったほうがいいのか・・・。圧倒的にFBAが効率良いですね^^プラモデルサイズの商品など本みたいにメール便を使えない大きさの商品は全部FBAに送ったほうがお得だし時間も空くということにあります。

大型商品を見抜く方法は?

こちらのFBA料金シミュレーターでは、大型商品を見抜くことが可能です。Amazonでは3辺の長さにより標準サイズか大型サイズかを判断しているので、それにより手数料が変わってくるということですね。

では実際に大きそうな商品を見てみましょう。

FBA シミュレーター 料金

こちらの商品を20000円で販売するという前提で計算をしてみました。

FBA シミュレーター 料金

先ほとよりも圧倒的にフルフィルメント費用の部分が高くなっています。倉庫の保管料もかなり高いですし、出荷作業手数料も多少ですが高くなりました。この部分の出荷作業手数料が500円を超えた商品が全て大型サイズという認識になります。

家電やおもちゃ系などでも、微妙なラインの商品と出会うことは多々あります。そんな時はこちらのシミュレーターを使って見抜いていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?慣れるまではこれらにて細かく計算しておくことをおすすめします。

まとめ
手数料を細かく計算することが出来る
自社とFBAで比べる事が出来る
大型を見抜くことが出来る
注意点
消費税が乗っかっていない
割引キャンペーンなども適用されない

基本的に売れ行きを見る「モノレート」を理解して、商品ごとの手数料なども全て把握すれば仕入れは難しくないことでしょう。是非ともこれらを仕入れに活かしていきましょう!

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング