Amazonの手数料を瞬時に計算!FBA料金シミュレーター使い方

計算 利益

今回はAmazonの手数料を計算出来る、
「FBA料金シミュレーター」についての解説です。
慣れないうちはこれを使って利益を計算できると良いですね!

慣れたら頭の中で計算など出来る様になりますが、
始めのうちは必ず確認するようにしましょうー!

それではご覧ください(^^)

スポンサードリンク

FBA料金シミュレーター

AmazonのFBAを利用した際には、
販売・出荷・保管などの手数料がかかってきます。

慣れてきたら頭の中で計算をするのですが、
最初の頃はシッカリと利用して把握していきましょう(^^)

FBA料金シミュレーター

FBA料金シミュレーターはこちら

Amazon うまる
※クリックで拡大します
ねんどろいど うまる商品ページ
モノレート うまる
※クリックで拡大します
ねんどろいど うまる商品ページ

今回はこちらの商品を解説で使います。
基本的にAmazonの相場を見る「モノレート」から、こちらのページにも飛びます。

まずはモノレートで確認をして、

「FBA料金」ってボタンを押します。

すると、

FBA料金シミュレーター
※クリックで拡大

こちらの画面に飛びますね。

上の検索窓に
名前やJANコード、ASINを入れてください。

FBA料金シミュレーター
※クリックで拡大します

「ASIN」というAmazonの商品コードを入れるのが正確です。
このASINで検索する癖を是非付けておきましょう!

FBA料金シミュレーター
※クリックで拡大します

こちら商品が表示されます(^^)

これで販売金額を入力することによって、
手数料などを自動的に検索してくれるツールとなってます。

販売価格から手数料を計算
FBA料金シミュレーター
※クリックで拡大します

商品代金の部分に、売れるであろう値段を入力します。
(FBA、自己発送など自分の状況や配送料を入力すると正確)

今回のこの商品は「7000円」で販売すると仮定します。

慣れないうちは少し安めに計算するのもアリだと思います。

数字をいれたら、右側の計算ボタンをクリック。

そうすると・・・

FBA料金シミュレーター
※クリックで拡大します

このように手数料やFBAでかかる料金を引いて、利益を計算してくれます。

今回もし仕入れ値が4000円だったとしましょう。

FBAの場合

5899円-4000円=1899円

丁度1ヵ月で売って約1900円ほど利益が出ることが分かります。

※FBA保管料は保管されている日数によって変わります。

こういった風に計算すると、心配はないかなと思います。

後はここからどれだけ値下がりするか・・・
なども考えないといけませんね(^-^;

自己発送の場合

5300円―4000円=1300円

こちらは利益額が1300円となりました。
こちらは購入者に送る際に配送料を「1000円」とした場合です。

こう考えると、FBAの料金って安いんですよね(^-^;

まとめ
FBA料金シミュレーター使い方

・売値を入れて利益を計算

・売値は気持ち低めで出すと良い

・仕入れ金額に配送代も考慮

・FBAの場合は保管料を気にする

こちらで利益計算をした後、
モノレートでの売れ行きを見て仕入れる形となります。

勿論難しい商品なども多数存在します。

基本的な見方がわかっていれば、今後も応用していけますね(^^)

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング