Amazon出品登録方法・必要な物の揃え方

パンダ 先生 勉強

今回はAmazonへと出品するために必要な物、手続きをご紹介します。

必要な物を用意すれば誰でも登録することが出来ます。

これから本格的に物販をやりたい。
少しでもお小遣いを稼ぎたい方にもおススメとなっています。

初めはヤフオクやメルカリを使って慣れていくほうが良いですが、
本格的にやろうと思ったらAmazonも経験しておくべきです。

簡単なステップで登録出来ますので、サクッとやってみましょう。

それでは、ご覧ください。

Amazon出品用アカウント

まず必須となるのが、事前にAmazonアカウントを持っているかということです。普通に購入したことがある場合などはアカウントを持っているはずです。

まだ作成したことがないという場合には、こちらのアカウントについて詳しく見ておきましょう。特に問題なく持っている場合は、早速登録の手続きを開始することが可能です^^

小口出品で登録

小口出品というのは、簡単に言うと月額費などは無料で商品が売れたら初めて手数料が発生するといったものです。便利なサービスなど使えないものも多く出品できるカテゴリーなどにも制限は出てきます。ですが慣れるために・・・ということであればまずは小口でも問題ないでしょう。

小口出品 Amazon

まずは登録しているAmazonアカウントでログインしている状態で販売したい商品をAmazonで探します。この時手元に商品がなくても適当に選択すればOKです。商品を実際に選び右側の方を見てみましょう。

小口出品 Amazon

するとこのように「マーケットプレイスに出品する」というボタンがあります。

小口出品 Amazon

ここで商品のコンディションや説明、在庫数などを入力していきましょう。入力が完了するとそこから出品用アカウント登録画面に移行します。手元に商品がなくても・・・と言ったのは値段をある程度高めに設定すれば売れることはないからです。規約上無在庫は良くないですがまず何かしら商品を登録しないと小口として登録が出来ませんのでこういった方法もアリかなと思います。

小口登録の流れ
Amazonアカウント作成
Amazonページから商品を選択
出品ボタンを押して在庫数や値段を入力
その後登録手続きをして出品開始

大口出品で登録

大口で出品する場合にはまず出品者アカウント登録が必要となります。本格的にやる場合には「大口出品」の方をお勧めしています。

こちらで簡単に登録することが出来ます。以前は無料キャンペーンなどをやっていたのですが、今はそれもなくなっているみたいですね・・。月額費は税込み5292円が売上から差し引かれます。もう売る商品があるなどであれば月額費分くらいは回収がすぐに出来るでしょう。

大口出品も基本的には必要な物を揃えて登録することによって、誰でもAmazonに出品することが出来ます。

必要な物は3点。

必要な物
メールアドレス(Amazonアカウント)
銀行口座(売上の振込み用)
クレジットカード(法人または個人名義でも可)

たったこれだけですね。ごく普通の人であれば揃えられるものだけです。
特に特別な審査などはありませんので、誰でも登録可能ですね。

では次にそれぞれの必要な物、
初めにやっておいた方がいいことを解説していきます。

メールアドレスについて

まずはメールアドレスですが、ほとんどの方が持っていると思いますしAmazonアカウントを作成した時に必ず登録しているはずです。

ですがAmazonからのお知らせや重要な連絡もありますので、個別で出品者用にメールアドレスを取得することをおすすめしています。そうしないと私用のアドレスと混合させるとわけがわからなくなってしまいます・・・・。

個人的に一番使いやすいメールアドレスは、G-mailです。勿論スマホなどのアドレスでもいいですが、無料で取得出来て管理も非常に楽なんですね。

こちらも簡単に作成することが出来ますので、登録してみてはいかがでしょうか^^

銀行口座について

銀行口座はほとんどの方が問題ないかと思われます。誰でも持っていますし、持ってなくてもすぐに開設することも可能ですね。

とりあえずは今自分が持っている口座でもいいのですが・・・・。税金のことを考えるとこれも物販専用口座を作る事がやはりおススメです。どれだけ儲かってるのかもわかりやすいので、開始する際は新規の専用口座でということを覚えておきましょう!

通常の銀行でも良いですが、ネット系のビジネスをやっていく上ではネットバンクの登録を推奨します。僕も使っている楽天銀行がおススメですね。地方銀行などよりもこちらの方が使い勝手がいいです。今後何かと入出金が多くなったりしてきます。

無料で開設出来ますので、こちらも出来れば準備しておきましょう。

見やすいネットバンク
入出金が簡単に出来る
明細をCSVで簡単ダウンロード

ほとんどの方が通帳を記帳することによって履歴を確認しますよね?問題はキャッシュカードだけを使っていると履歴が見れない・・・。地方銀行のネットバンクは使い勝手が悪いなど様々な問題があります。

楽天銀行は使い勝手も良く、簡単に開設できるので準備段階で用意しておく方が無難です。

ここでちょっとした小技なのですが、ハピタスというポイントサイトを経由して口座解説をするだけで現金に変えることが出来るポイントが貰えます。特に怪しいサイトというわけではありませんので、これから物販をやる際には知らないと損してしまいます。

初期段階で登録しておくほどお得にポイントを貯めることが出来ますので、参考までにこちらを見て登録しておきましょう。

クレジットカードについて

さて、問題はクレジットカードですね。持っている方は今あるものを使えばいいですが・・・持ってない方はまずクレジットを手に入れないといけません。普通に会社勤めされてたら、すぐにでも作る事は可能ですが、何らかの理由で作れない方もおられるかと思います。

そんな時に役に立つのが、「デビットカード」ですね。一般的に言われているVISAデビットカードというものだと、無職やクレジットカードが作れない方でも、よほどの事がない限り簡単に作る事が出来ます。

以下の記事にデビットを含めおすすめクレジットカードを記載しています。必ずご確認の上登録をしましょう。カードを作り過ぎるのも良くはないですから・・。

デビットカードの使い方は簡単。

指定されている口座にお金を入れておいてカードを使うと、
そこから引き落とされるというシステム。

クレジットカードと同じような役割で使えてしまいます。
比較して良くない点は、

ポイントが貯まらない
現金が入ってないといけない
使えないお店も多い

といった部分ですね!
これは便利ですし、実際にお金が先に減りますので管理は楽かなと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。

Amazonのアカウント登録の際に現時点ではデビットカードでもOKとの事ですので、これで誰でも揃えることが出来ますね^^

まとめ

以上で最低限の準備は終わりですね。特に難しいことはなくやっていけるのではないでしょうか?いきなり仕入れだけをするのでなく、登録面やAmazonの仕組み等理解していないと意味がないですからね。

文章中にある大口出品と小口出品をどちらにしたらいいか分からない場合、続けてお読み頂くとわかりやすいです。

こちらを参考に自分が今どちらで登録するべきか、これがわかるかと思います。ではではお読み頂きありがとうございました。

シェア、応援する
応援クリックお願いします。⇒ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

2 Responses to “Amazon出品登録方法・必要な物の揃え方”

  1. […] amazon登録方法はモゲをさんの記事が解りやすいです。 Amazon 登録・出品方法・必要な物の揃え方 3ヵ月無料ですし大口出品をお勧めします。 […]

  2. […] amazon登録に必要なものはこちらの記事をご覧ください Amazon登録方法・必要な物の揃え方 はじめ覚える事が多く大変ですがつまづいたら […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング