Amazonで新品本を販売する際に気をつける3つのポイント

本屋 本棚

今回は「新品本」を仕入れて扱う際の注意点や、方法について解説をします。中古本と違って、多少の規約やルールがありますのでそれを把握した上で販売をしていきましょう。

規約を破ると出品停止や繰り返すとアカウント停止も考えれらますので、十分注意が必要です。

それでは、ご覧ください!

スポンサードリンク

まずは知っておく定価維持制度

まずは新品本の法律的な考え方ですね。
一般的に出版社から小売店に出された新品本に関しては定価で販売しなければならないという制度があります。

よくAmazonでは家電・おもちゃなどジャンルにかかわらず、定価よりも安い・高いなど変動があります。ですがAmazon以外にも楽天・Yahooショッピングなど同様で、本は定価でしか販売されておりません。

◯参考サイト
再販売価格維持制度

発行されて一定の期間は決められておりますが、大体は定価でしか売られていません。
新品本を仕入れ対象にする際にはそのことをまず第一に覚えておきましょう。

新品として出す場合の注意点

今回はAmazonで出品する際ですが、「新品」として扱うのであれば定価で出す必要があります。

Amazon 新品本

こちら一覧を見てわかる通り、値段が全て合っています。
これでもし安く出したり高く出したりするとすぐに出品停止となってしまいます。

ですので自分が売るためには「ポイント」をつける必要があります。
Amazon本体が出品しているのでまず出品すること自体が得策ではありませんが、間違って仕入れてしまった場合、新品価格で販売したい場合はポイントを付けてあげましょう。

そうすることによって、カートを取得でき販売することが可能です。
新品で販売する際にはこちらの方法で販売しましょう。

中古として出す場合の注意点

次に新品では定価でしか売れないので、価格を変動させたい場合ですね。その際は中古品として売れば問題ないです。抜け道みたいな手法となりますが、殆どの方が中古品の状態「ほぼ新品」で出品をしています。

その中でも良く使われるのは「プレミア本」を定価超えで販売する際が最も多いです。
プレミアがついてる希少な本を仕入れたが、新品では売れないのでほぼ新品を使うということです。

ミラクルジャンプ 2016年 10/30 号

Amazon 新品本 プレミア本

こちらは発売1ヶ月後の価格ですが、定価480円がものすごく値上がりプレミア価格となっています。そこで出品者一覧を見てみましょう。

Amazon 新品本 プレミア本

すると「未読本」と説明には書いていますが、ほぼ新品の状態で出品しています。この方法は別に規約上違反しているというわけでもなくプレミア価格で販売しても問題ないということになります。

これを繰り返すことがプレミア系の本を扱った手法というわけです。

もちろんメルカリやヤフオクに出品されている場合には特に決まりはありませんので、値段を固定する必要もありません。このルールさえ覚えておけばプレミア本を書店で見つけた際にも十分活用できるでしょう。

梱包する場合の注意点

では実際に販売するという場合には、本の性質上カバーやケースがありません。
自分で発送する際、アマゾンの倉庫で保管してもらう際にも「クリスタルパックで包む」ことは必須ではないでしょうか。基本的に僕も包んでいます。

年数経過や日に当たる場所に置くことも注意が必要となります。

本格的に本を扱う際にはこのようなOPP袋を使用することをオススメします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料!透明OPP袋 【A4テープつき:1000枚入】
価格:3920円(税込、送料無料) (2016/10/20時点)

 

テープ付きで作業効率を上げて、まとめ買いしておく事が本以外にも使え非常に便利です^^中古本だとしても、保管や状態を気にするのであれば全て包んで出荷が望ましいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新品の本と言っても、プレミア価格になる雑誌や週刊誌は多数存在します。扱いやすいジャンルなだけにライバルは多いですが、見かけたら仕入れ対象にしてみてはいかがでしょうか^^

最後に補足となりますが、たまに新品本でもAmazon内で定価超えで販売されている商品を見かけます。一時期はAmazonの不具合により新品で定価超え出品しても停止されない状態も続いたことがあります。ですが、規約上は定価超えなどは違反ですので控えたほうが無難です。

Amazonに依存している以上、リスクがある行為はオススメ出来ません。今は出来るから大丈夫・・・といっても、急にアカウント停止になる可能性もあるわけです。

これらの規約を把握した上で販売していきましょう!
それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログ人気ランキング
スポンサードリンク
店舗せどり メルマガ
電脳せどり メルマガ
スロット メルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング